FANDOM


つぶらや えいじ
円谷 英二
Replace this image JA
本名 円谷 英一
(つむらや えいいち)
生年月日 1901年7月7日
没年月日 1970年1月25日(満68歳没)
出生地 福島県須賀川市
死没地 静岡県伊東市
国籍 Flag of Japan 日本
職業 特撮監督、映画監督、
撮影技師、発明家
ジャンル 特撮映画
活動期間 1920年 - 1969年
活動内容 特撮映画の特撮演出、特撮テレビ映画の製作・監修
配偶者
家族 円谷一円谷皐ほか
主な作品
ウルトラマン(監修)ほか

円谷 英二(つぶらや えいじ、本名:円谷 英一(つむらや えいいち)、1901年7月7日 - 1970年1月25日)は、福島県須賀川市生まれの特撮監督、映画監督、撮影技師、発明家、「株式会社円谷特技プロダクション」初代社長。

1949年の映画『幽靈列車』までは、圓谷英二の表記名で映画にクレジットされた。

昭和における特殊撮影技術の第一人者であり、独自に作り出した技術で特撮映画界に多大な功績を残し特撮の神様と呼ばれる。円谷の人生は、活動大写真と呼ばれた明治時代の黎明期から、映画斜陽期を迎えた東宝解体までの日本映画界の歴史とそのまま重なっている。

一家は全員カトリック教徒で、墓所は東京都府中市のカトリック府中墓地にある。

主な作品 編集

テレビ作品 編集

監修
監修
監修

演じた俳優 編集

親族 編集

参考文献・出典 編集

  • 『ファンタスティックコレクション ピープロ特撮映像の世界』(朝日ソノラマ、1980年)
  • 『東宝特撮映画全史』(東宝、1983年)
  • 『東宝SF特撮映画シリーズVOL1~4』(東宝、1984~1985年)
  • 『ウルトラマン大全集』(講談社、1987年)
  • 『大ゴジラ図鑑1・2』(ホビージャパン、1995年)
  • 『大ウルトラマン図鑑』(ホビージャパン、1996年)
  • 『マグマ大使パーフェクトブック』(白夜書房、1999年)
  • 鷺巣富雄 『スペクトルマンVSライオン丸 : うしおそうじとピープロの時代』 (太田出版、1999年) ISBN 4872334663
  • 竹内博・山本真吾 編『円谷英二の映像世界』(実業之日本社、2001年完全・増補版) ISBN 4408394742
  • 円谷一 編著『円谷英二 日本映画界に残した遺産』(小学館、2001年復刻版) ISBN 4096814210
  • 竹内博 編『写真集 特技監督円谷英二』(朝日ソノラマ、2001年増補改訂版) ISBN 4257036389
  • 鈴木和幸『特撮の神様と呼ばれた男』(アートン、2001年) ISBN 4901006215
  • 『円谷英二特撮世界』(勁文社、2001年) ISBN 4766938488
  • 「素晴らしき円谷英二の世界」編集委員会 編・2001円谷英二生誕100年記念プロジェクト 監修『素晴らしき円谷英二の世界 君はウルトラマン、ゴジラにどこで会ったか』(中経出版、2001年) ISBN 4806114995
  • うしおそうじ『夢は大空を駆けめぐる 恩師・円谷英二伝』(角川書店、2001年)
  • 『フィギュア王 NO.45 円谷英二生誕100周年記念特集号』(ワールドフォトプレス社、2001年) 円谷粲インタビュー
  • 『東宝特撮メカニック大全』(新紀元社、2003年)
  • 『東宝特撮映画DVDシリーズ』(東宝ビデオ) 各巻の関係者オーディオ・コメンタリー
  • 川北紘一『特撮魂 東宝特撮奮戦記』(洋泉社、2010年)

円谷英二を題材とした作品 編集

  • 『現代の主役 ウルトラQのおやじ』(TBS、1966年)
実相寺昭雄の演出した、TVドキュメンタリー。M1号ラゴンが円谷の元を訪問し、インタビューするという破天荒なものである。「サンダ対ガイラ」の特撮を演出中の円谷など、貴重な映像が見られる。
  • 『ジュニア文化シリーズ ゴジラ誕生 人間の記録 円谷英二』(NHK教育、1980年)
没後10年を迎え、円谷皐高野宏一中野昭慶らが往時を振り返る。
  • 鈴木聡司『小説 円谷英二 天に向かって翔たけ』上、下(新風舎、2003年)
ISBN 4797420707、下 ISBN 4797420715
  • 『夢宙人(むちゅうじん)ゴジラを造った男 -円谷英二-』(漫画) 週刊漫画サンデー2006年35号から2007年5号まで連載。
原作・市川森一 作画・幸野武史

外部リンク 編集


Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は円谷英二にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。