FANDOM


ルナチクスは、特撮テレビ番組『ウルトラマンA』、『ウルトラマンメビウス』、『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場する架空の怪獣(超獣)。別名:満月超獣。

『ウルトラマンA』に登場したルナチクス 編集

第28話「さようなら夕子よ、月の妹よ」に登場。

  • 身長:58メートル
  • 体重:6万3千トン

かつてマグマを全て吸い尽くし、月を死の砂漠に変えてしまった。毎年10月の満月の夜に地上に現れ、口から白いガスや炎、目玉から爆弾を放つ。口にはキバがあり凶悪そうな顔をしているが、ウサギ跳びをするなど可愛い面もある。マグマをためて一時的にパワーアップできる。Aに敗れてエースリフターで火山に投げられて焼死した。

なお、この戦いを最後に南夕子は地球を去り、以降は北斗星司のみの単独変身となった。

  • 名の由来は、英単語のLunatic:(月に関する)狂気と思われる。

『ウルトラマンメビウス』に登場したルナチクス 編集

第44話「エースの願い」に登場。

  • 体長:58メートル
  • 体重:6万3千トン

『ウルトラマンA』に登場したルナチクスの別個体でGUYSのドキュメントTACにデータが記録されている。今回はヤプールの配下として登場した。以前の個体と比べて目付きが鋭くなり、体毛が短くなっている。におびき寄せられたフェニックスネストの脱出を封じる干渉フィールドを形成している石柱を守る為に月の地底から出現し、初代同様うさぎ跳びのように移動する。口からガスマグマ火炎弾を吐き、赤い目をミサイルのように発射する(打ち出された目はすぐに補充される)。干渉フィールドの放射ポイントを破壊しようとするGUYSの行動を妨害しようとするが、放射ポイントをガンスピーダーの光線によって破壊されてフェニックスネストは再起動し、フェニックス・フェノメノンにより石柱を破壊され、自身も月に駆けつけたウルトラマンAとの対決の末にメタリウム光線を受けて爆死した。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場したルナチクス 編集

第10話「予期せぬ再会」に登場。

  • 体長:58メートル
  • 体重:6万3千トン

ノーバサラマンドラとともに、グランケープ補給基地に着陸しようとしたペンドラゴンを襲った。その後、ゴモラと死闘を繰り広げるが突如出現したキングジョーブラック(円盤形態)のペダニウムランチャーをうけて倒された。

  • 着ぐるみは『ウルトラマンメビウス』で使用された物の流用。


関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はルナチクスにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。