Fandom


ラゴンは、特撮テレビ番組ウルトラQ』、『ウルトラマン』を初めとするウルトラシリーズに登場する、架空の怪獣。別名「海底原人(かいていげんじん)」。


注意:以降の記述には物語・作品・登場人物に関するネタバレが含まれます。免責事項もお読みください。


『ウルトラQ』に登場したラゴン 編集

第20話「海底原人ラゴン」に登場。

  • 身長:2メートル
  • 体重:100キログラム

2億年前に地球を支配していた爬虫類が進化した海底原人だとされている。卵生で数年に1度の繁殖期になると中心核がゼリー状に包まれた20センチ程の卵を産む。卵は数日間かけてカエルの卵と同じように中心核が胚発生を通じて肉体が形成され、親と同じ姿をした子ともが孵化する。性格は基本的に大人しいがゾウ並みの怪力を誇る。漁師が誤って引きあげた自分の卵を取り返すために岩根島に上陸し、卵を求めて、偶然、遭遇した漁師を絞殺したり、家を壊したりして暴れ回ったが、孵化した子どもを返されたので、子どもと共に海底に戻った。

この成体はメスであり、乳房もある。

『ウルトラマン』に登場したラゴン 編集

第4話「大爆発五秒前」に登場。

  • 身長:30メートル
  • 体重:2万トン
  • 出身地:日本海溝5,000mの深海

1匹のラゴンが、太平洋に墜落したロケットに積まれていた惑星開発用の原子爆弾の1個が日本海溝の深海で爆発した影響で巨大化し、さらに凶暴化した。そして未回収だった原爆1個を肩に付けたまま、海上保安庁巡視船を沈めた後、三浦半島の葉山マリーナに上陸して暴れ回り、放射能の影響で手にした口から吐く白色放射能光線でジェットビートルを撃墜した。科学特捜隊海上自衛隊護衛艦から音楽を流して沈静化させようとしたが、好きだった音楽も放射能の影響で嫌いになっていて通用せず、逆に暴れだした。最後はウルトラマンのスペシウム光線を浴びて絶命し、海中に没する。原爆はウルトラマンに宇宙へ運ばれて爆発した。

ウルトラQ』に登場した個体とは、乳房が無いなどの外見的な差異が見られる。

  • スーツアクター:泉梅之助
  • 声はバラゴンの流用。
  • 映画『ウルトラマンZOFFY ウルトラの戦士VS大怪獣軍団』では、『ウルトラQ』の映像の後にゾフィーが「人類は当初自らの力で怪獣や宇宙人と戦っていたが、その力が強大化して人類が太刀打ちできなくなったのでウルトラマンを派遣した」と語っており、その一例としてラゴンの巨大化が挙げられている。声はオリジナルの流用だが、放射能火炎の発射音が高音に変化している。
  • 着ぐるみは第18話に登場したザラブ星人に改造された。
  • 冒頭の核爆弾を積んだロケットの映像は東宝映画『地球防衛軍』でのマーカライトジャイロ発進シーンの流用である。

『ウルトラマン THE FIRST』に登場したラゴン 編集

漫画『ウルトラマン THE FIRST』に登場。

伊和水力発電所近郊の井戸に通じる地下洞窟内で、ネロンガと戦闘していた。新型爆弾「ジュピター41」が体に絡まっており、攻撃をすれば爆発しかねない為、科学特捜隊も戦闘を止めるなどの行動ができず、ネロンガの電撃の前に敗れ去ってしまった。

その他 編集

  • ラゴンの名の由来は、映画『大アマゾンの半魚人』の原題の「The Creature from the Black Lagoon」(黒い入り江の怪物)のLagoon(ラグーン=入り江)からであるという説が「怪獣もの知り大百科」(勁文社、1984年)P131の「半魚人ギルマン」の項に掲載されている。
  • ウルトラマンM730 ウルトラマンランド』にはザーシモンズのメンバーの「マダムラゴン」として登場。
  • 映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』では、百体怪獣ベリュドラの胴体を構成する怪獣の一体としてラゴンの姿が確認できる。
  • 漫画『ウルトラマンSTORY 0』第5話「失われた光」にラゴンをモデルにした水棲人間が登場している他、第32話「エース秘技炸裂!!」でもイカルス星人が操る怪獣の中にラゴンが紛れている。
  • 吉岡平の小説作品『シャルロット・ホームズの冒険 踊る人魚』では、「イクシオピテクス・ツブラヤエ」という学名が与えられている。

関連項目 編集


Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はラゴン (ウルトラ怪獣)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。