FANDOM


メイツ星人(メイツせいじん)は、『帰ってきたウルトラマン』『ウルトラマンメビウス』に登場する架空の異星人。別名:宇宙調査員。

『帰ってきたウルトラマン』に登場したメイツ星人 編集

第33話「怪獣使いと少年」に登場。

  • 身長:2.1メートル
  • 体重:68キログラム

メイツ星から地球の風土・気候を調査しにやってきた宇宙人。「金山」という偽名を使い、人間の少年と暮らしていた。武器は手から発する念動力。巨大魚怪獣ムルチをも地底に沈める力を持ち、自分の宇宙船も地中に隠していた。しかし、汚れた地球の大気により、体を蝕まれ、衰弱し、自らの宇宙船を掘り返す事も出来なくなり、故郷へ帰る事もできなくなった。最期は、宇宙人であることを敵視し暴徒と化した市民に惨殺された。その際、ムルチの封印が解け、皮肉にも川崎の市街地の破壊という結果になった。

『ウルトラマンメビウス』に登場したメイツ星人ビオ 編集

第32話「怪獣使いの遺産」に登場。

  • 体長:2.1メートル
  • 体重:68キログラム

地球人と和平を結ぶ使者として円盤に乗ってやってきた宇宙人。前述の「怪獣使いと少年」に登場したメイツ星人の息子であり、父を殺された恨みから深く地球人を憎んでいる。それでも宇宙人のミライに「地球とメイツ星の問題に干渉しないで欲しい」と語り、平和的解決のための話し合いを行おうとしたが、ミライの身を案じて早まったリュウに腕を撃たれ、地球人に対する憎しみを再燃させる。そしてかつての賠償として「地球の陸地の20%をメイツ星に譲渡しなければ攻撃を行う」と一方的に交渉を迫ったが当然受け入れられず(というより回答を待とうとさえせず)、宇宙船による攻撃を開始する。その後攻撃を止めるためにメビウスに変身したミライに対抗してゾアムルチを覚醒させてまで、己の復讐を果たそうとした。やがて彼の父と共に生活した少年(佐久間良)とかつて出会っていたという、コノミの勤めていた保育園の園長の説得と、その教えを受けた子供達が見せた優しさに思いとどまるが憎しみ自体は消せず、メビウスに自らの憎しみに忠実に暴れるゾアムルチを倒すことを嘆願。ゾアムルチが倒された後、自分の行動を悔い改めたリュウとミライに見守られながら地球を去った。

  • 演:吉田智則(人間体)
  • デザイン:酉澤安施
  • 本エピソードは「怪獣使いと少年」の直接の続編である。差別人権問題を扱った同作はウルトラシリーズ屈指の陰惨なエピソードだったが、本作では未来の世代に希望を託す形で30年越しの決着を付けたと言える。なお、劇中の回想シーンにおける30年以上前のメイツ星人と地球人とのやりとりは全て新撮の映像が使用され、オリジナルの「怪獣使いと少年」の映像は一切使用されていない。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はメイツ星人にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。