FANDOM


フェミゴンは、特撮テレビ番組『帰ってきたウルトラマン』、『ウルトラマンメビウス』に登場する架空の怪獣。別名:ひとだま怪獣(人魂怪獣)。

『帰ってきたウルトラマン』に登場したフェミゴン 編集

第47話「狙われた女」に登場。

  • 別名:ひとだま怪獣
  • 身長:70メートル
  • 体重:5万トン

もともとは宇宙空間をさまよう小さな球体で、それ自体が高度な知性を持っているが、自由に動くための体がなかったので、丘隊員に乗り移って怪獣化した。この球体は物体問わず、何かに乗り移れば怪獣になれる。口から強力な火炎を吐き出して、房総半島コンビナートを襲撃し、壊滅させてしまった。また、その顎も強力。さらにはMAT基地の壊滅まで目論んだ悪質な宇宙生物。最期はウルトラブレスレットで本体と怪獣の体を分離されてしまった。

『ウルトラマンメビウス』に登場したフェミゴン(フェミゴンフレイム) 編集

第33話「青い火の女」に登場。

  • 別名:人魂怪獣
  • 体長:70メートル
  • 体重:5万トン

『帰ってきたウルトラマン』に登場したフェミゴンの別個体で、外見や能力の差からフェミゴンフレイムとも呼ばれる。GUYSのドキュメントMATにデータが記録されている。過去の個体同様最初は実体を持たないが、他の生物に乗り移ることで実体化出来る。しかし過去の個体よりもシンクロ率が高く、フェミゴンがダメージを受けると乗り移られた生物にもダメージが与えられてしまう厄介な性質を持っている。

青い火の玉となってテッペイの大学の先輩の妹・ミサに憑依、毎夜石油コンビナートを襲って炎を吸収し続けていた。最初のメビウスとの戦闘では追い詰められながらも、ミサの命を救いたいテッペイにメビウスが光線の発射を止められ、その隙に逃亡。その後完全にミサの体を乗っ取り再出現、目や口からの炎弾を駆使しながら再びメビウスと戦闘するが、ウルトラマンジャックとフェミゴンの戦いを分析したテッペイは、ウルトラマンの光線内にフェミゴンを宿主の肉体から切り離す素粒子があることを突き止めており、彼の開発した新メテオール「スピリットセパレーター」とメビュームシュートの連携によってミサから切り離され、完全に消滅した。ちなみにミサは、フェミゴンに憑依されていた間の記憶(つまり、テッペイとの日々の記憶)を全て失くしてしまっていた。

  • 『帰ってきたウルトラマン』に登場したフェミゴンとは着ぐるみの構造が異なる。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はフェミゴンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。