Fandom


バードンは、特撮テレビ番組『ウルトラマンタロウ』、『ウルトラマンメビウス』に登場する架空の怪獣。別名:火山怪鳥。

『ウルトラマンタロウ』に登場したバードン

第17話「2大怪獣タロウに迫る!」から第19話「ウルトラの母 愛の奇跡」に登場。

  • 身長:62メートル
  • 体重:3万3千トン

獰猛な鳥型の怪獣。作中では「火山怪鳥」、または単に「鳥」と呼ばれた。あらゆる肉を好み、怪獣のケムジラや人間も捕食する。鋭利な毒嘴と強力な1万度の火炎が主な武器で、特に毒嘴による攻撃は、まともにくらえばウルトラ戦士といえど致命傷は免れないほどの威力を持つ。

大熊山の火口で長い眠りについていたが、火山活動によって復活。自分と同じく復活したケムジラを追い求めてウルトラマンタロウとケムジラの戦闘に割って入ると、タロウを嘴でメッタ刺しにして圧倒し、エネルギー切れに追い込んだ後、ケムジラを捕食した。その後ZATの鳥もち作戦にかかるが何とか逃れ、さらにタロウに代わって現れたゾフィーをも火炎を浴びせて火だるまにした上に嘴で刺し殺してしまう。

やがてZATによって好物の肉を隠されたため、ついにはマンモス団地を襲って人間まで食べ始めるが、復活したタロウのキングブレスレットで嘴を封じられた上に分身攻撃に惑わされ、大熊山に激突して火口に落下、火山の噴火で爆死した。ケムジラを惨殺し、タロウ、ゾフィーと複数のウルトラマンを完膚無きまでに打ちのめした圧倒的な強さから本作最強の怪獣地球怪獣中最強との呼び声も高い。

  • ゾフィーのZ光線をまともに浴びてもすぐに立ち上がってしまうなど、強靭な皮膚と耐久力を持つ。そのためかタロウもバードンにはストリウム光線を使わず、上記のように変則的な仕留め方をしている。
  • ウルトラ戦士をエネルギー切れに追い込んだ、あるいはノックアウトさせたという意味で倒したのではなく、完全に絶命させた稀有な怪獣である。タロウはウルトラ心臓に致命的ダメージを受け、エネルギー切れをまねいて倒され、ゾフィーはカラータイマーが青のままでほぼ即死させられている。第18話ではウルトラ戦士の屍が2体も地球上にさらされるという珍しいシーンが見られる。
  • 血まみれのタロウ、頭を火炎で焼かれたゾフィー、手足を引きちぎられ捕食されるケムジラ等の殺害シーン、人間捕食シーン等、『ウルトラマンA』のドラゴリーと共に、ウルトラ怪獣史上トップクラスの残酷描写がある為、トラウマ怪獣とも言われる。
  • 3話にまたがって登場した初めての怪獣でもある。
  • 地球の怪獣がウルトラ戦士を死なせたという点でも稀有な怪獣である。その為M78シリーズでは『地球出身の最強の怪獣』と賛美するファンもいる。

『ウルトラマンメビウス』に登場したバードン 編集

ウルトラマンメビウス』第3話「ひとつきりの命」、第24話「復活のヤプール」に登場。

  • 体長:62メートル
  • 体重:3万3千トン

『ウルトラマンタロウ』に登場したバードンの別個体。GUYSのドキュメントZATにデータが記録されている。高熱火炎を吐き、鋭いクチバシを敵に突き刺すなど、見た目も能力もタロウで登場したバードンとほぼ同じ。クチバシの横にある袋の中に猛毒が蓄えられており、クチバシを突き刺すと同時に敵の体内に毒を流し込むという設定が強調された。この毒のせいで周囲の樹木が立ち枯れしている描写がある。ボガールに呼び寄せられ、先代同様大熊山の火口付近から出現し、メビウスと対決。クチバシでメビウスの左腿を突き刺して毒を流し込み、メビウスが弱った隙に逃走。太平洋上でGUYSオーシャンの攻撃を受けて日本に戻り、とある漁村でメビウスと再対決。毒が抜けきっていないメビウスを苦しめるが、GUYSクルーの援護射撃によって毒袋を撃たれ、弱ったところをメビュームシュートとキャプチャーキューブの合わせ技を受けて爆死した。

第24話ではホログラムとして出現。ファイヤーウインダムのテストの相手役として出現した。また、第27話ではその戦闘力からマケット怪獣化が検討されたが、草木を枯らすほどの猛毒は環境に悪い、ということで却下された。

『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』に登場したバードン
DXウルトラコクピット版に登場。怪獣墓場で眠っていたが、アークボガールによって目覚めさせられGUYSに襲い掛かる。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場するバードン[編集] 編集

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』第11話「ある戦士の墓標」に登場。

  • 体長:62メートル[3]
  • 体重:3万3千トン[3]
  • 出身地:大熊山[3]

リフレクト星人(RB)に操られ、レイのゴモラと対決。序盤こそ翼による強風でゴモラを寄せ付けないうえ、空中から体当たり攻撃を仕掛けるが、尻尾攻撃で叩き落とされる。今度は猛毒のくちばしを突き刺そうと再び空中から攻撃を仕掛けたところをゴモラに受け止められ、超振動波を受けて倒される。

  • スーツアクター:福田大助
  • 本作の「大怪獣バトルファイル」でもオキに「地球産最強の怪獣」と説明されている。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するバードン[編集] 編集

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

ウルトラマンベリアルのギガバトルナイザーの力で怪獣墓場から復活する[25]。ベリアルが操る怪獣軍団の1体として、他の怪獣軍団と共にウルトラ戦士やレイの怪獣たちに襲いかかり、ウルトラマンメビウスと戦う。その後、現れたウルトラマンゼロをアリゲラと共に空中から攻撃するが、エメリウムスラッシュを受けてアリゲラ共々爆死する。

また、百体怪獣ベリュドラの胴体を構成する怪獣の1体となっている[26]

『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS NEO』に登場するバードン[編集] 編集

『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS NEO』第7話「2大怪獣が迫る!」に登場。

ウルトラセブンとはぐれ、彼を探しているアギラの頭を燃やして虐めていたところを主人公とカネゴンに遭遇。すぐさまバトルナイザーの怪獣によって撃退された。

ディフェンス以外のステータスが高く原作同様パワフルなステータスを持つ。必殺技は、空中に飛び上がり、急降下して毒のくちばしを敵に突き刺す「ダイビングビーク」、毒のくちばしによる連続突き刺し攻撃「シャークノーズ」、火炎放射攻撃の「ボルヤニックファイア」とウルトラ戦士を苦しめたものばかりである。また、NEO-GL第1弾では新必殺技として、翼を羽ばたかせて風のカッターを発射し、命中時の爆風で敵を吹き飛ばす「バードンタイフーン」が追加されたほか、モチロンと組ませるとタッグ必殺技「フライングモチロンプレス」を発動可能になっている。

『ウルトラゾーン』に登場するバードン[編集] 編集

『ウルトラゾーン』第11、12話「スフラン島の秘蜜 (前編&後編)」に登場。

  • 身長:62メートル[27]
  • 体重:3万3千トン[27]
  • 出身地:スフラン島[27]

スフラン島に生息する怪獣。バンピーラやレッドキングと三つ巴の戦いを始める。

また、第2話ミニコーナー「OLのウワサ話」では、部下のOL達からバードン部長に「赤いプレスリー」をあだ名をつけられる[28]。第9話アイキャッチでは桃太郎のキジ役に扮している[29]

『ウルトラマンサーガ ゼロ&ウルトラ兄弟 飛び出す!ハイパーバトル!!』に登場するバードン[編集] 編集

『てれびくん』付録DVD『ウルトラマンサーガ ゼロ&ウルトラ兄弟 飛び出す!ハイパーバトル!!』に登場。別名は怪獣兵器[30]

バット星人が操る怪獣兵器の1体で、怪獣墓場で眠っていた個体から改造して作り出された。他の怪獣兵器と同様に瞳のない白目で、嘴から胸にかけてスフィア細胞の発光器官が着いている。バット星人によって、ウルトラ戦士の力を奪うアンチウルトラフィールドを張られた小惑星上にてウルトラマンゼロや彼の救援に駆け付けたゾフィーと戦う。最後は、ゼロツインソードとM87光線の合体技で敗れた。

『ウルトラマンギンガS』に登場するバードン(SD)[編集] 編集

『ウルトラマンギンガS』第13話「分裂!UPG」に登場。

  • 身長:14センチメートル - 62メートル(最大)[31][32]
  • 体重:150グラム - 3万3千トン(最大)[31][32]

「ウルトラマンを倒したことがある最強クラスの怪獣」として、ガッツ星人ボルスト(SD)に与えられたスパークドールズ。モンスライブ後、地上に出現して間もなく現れたウルトラマンビクトリーと交戦する。鋭いくちばしでビクトリーに毒を流し込んで追い詰めるが、キングジョーランチャーで毒袋を撃たれて毒が逆流した隙を突かれ、ビクトリウムシュートで倒される。

  • スーツアクター:桑原義樹

『ウルトラマンX』に登場するバードン[編集] 編集

『ウルトラマンX』第1話「星空の声」、第2話「可能性のかたまり」に登場。

  • 身長:62メートル[33][34]
  • 体重:3万3千トン[33][34]

Xioでの分類はタイプB[注釈 1]。産卵を控えた雌の個体が登場し、自動車やビル、鉄塔の破片を素材にして巣を作り、そこに餌となる人々を捕らえていた。山から飛来したところをXioに攻撃されるが、地中への潜行を経て再度地上に現れて奇襲し、スカイマスケッティを撃墜しかけたところ、それを助けに現れたウルトラマンエックスと交戦する。火球での攻撃とクチバシによる毒攻撃でエックスを苦しめるが、スカイマスケッティの攻撃により左側の毒袋を破壊され、ゴモラアーマーを纏ったエックスにはクチバシによる攻撃が通用せず、最後はゴモラ振動波を受けてスパークドールズに縮小され、大地に回収された。

第1話では、冒頭に登場。

第16話では、バードンのスパークドールズがXioラボ内の火山を模した模型にいる様子が描写されている[36]

映画『劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』では、スカイマスケッティがサイバーバードンのサイバーカードを用いた技バードン・フェニックス・アタックを使用している[37]

  • スーツアクター:新井宏幸
  • 放送に先駆けて田口清隆は「ただのバードンなら使わない」[38]と語っており、本作ではバードンの新たな生態として、普段は火山帯に住んでいるために卵は冷やして孵すことや、首が180度回転するなどの新設定が描写された。Blu-ray BOXの監督コメントでは、田口は脚本の時点では「またバードンか」と思ったが、これらの新設定に触発されてやる気になった旨を語っている[39]
  • Blu-ray BOXの解説では、本作品で描写された生態について「イレギュラーなものであったかもしれない」と記述している[4]
  • 首が真後ろに回るバードンを再現するため、着ぐるみの首は切断された[40]
  • 空中戦シーンでは、バードンの飛び人形とCGのスカイマスケッティを戦わせるという新たな試みが行われた[39]

『ウルトラファイトオーブ』に登場するバードン[編集] 編集

『ウルトラファイトオーブ 親子の力、おかりします!』に登場。

レイバトスにより復活させられた個体が、キングジョー、グドン、ツインテール、ハイパーゼットン(イマーゴ)、ビクトルギエルと共に出現。他の5体と共にウルトラマンゼロやウルトラマンオーブに襲いかかり、オーブがレイバトスを追った後はゼロを追い詰めるが、ゾフィーとウルトラセブンとウルトラマンジャックがゼロの救援に現れ、ゾフィーと戦うこととなる。火炎でゾフィーを焼き尽くそうとするが通用せず、M87光線で倒される。

  • ゾフィーとの対決シーンは、『ウルトラマンタロウ』の同シーンをオマージュしている[41]

クグツバードン[編集] 編集

『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』episode 3「こだま 〜谺〜」、episode 4「あととむ 〜跡求〜」、episode 9「ことわり 〜理〜」に登場。

  • 身長:62メートル[42]
  • 体重:3万3千トン[42]

クグツによって意志を奪われたバードンで、惑星ザインへと乗り込んできたオーブとダイナを迎え撃つために出現。ベゼルブとの連携でオーブを苦戦させるも、ダイナ ストロングタイプのデコピンで戦意を喪失し、逃走する。

episode 9では地球へ向かうスザークにサイキが遣わした護衛として、クグツベムスターと共に登場。軌道上でスザークを迎えたオーブと交戦するが、その後の顛末は不明。

その他[編集] 編集

  • ゲーム『SDザ・グレイトバトル 新たなる挑戦』ではクリスタルキャッスルの中ボスとして登場。ゾフィーを倒したことを誇示し、同面ではタロウが捕えられる。
  • 漫画『ウルトラマン超闘士激伝』には観客として登場し、ケムジラを模したスナック菓子を食べているカットがある。また玩具展開の『超闘士鎧伝』に登場するギガメタルモンス「エアロキング」はバードンがモデルになっている。
  • 映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』以前に企画されていた『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』の続編作品では、タロウが主役となることから登場が予定されており、酉澤安施による検討用デザインも描かれていた[43]。このデザインは『超8兄弟』の超全集や、DVD特典映像のイラストギャラリーに掲載されている。
  • 円谷プロ公式サイトのエイプリルフール企画では2007年にゾフィーを「ミスターファイヤーヘッド」と紹介し、以降の年度でも恒例になっている。
  • Twitterでのマグマ星人の発言によると、バードンの卵は食べるとおいしいらしい。
  • 『ウルトラマンゼロ&オールスターウルトラマン超絶!ウルトラリーグ』(『てれびくん』2011年6月号掲載分)では怪獣軍団の一体としてウルティメイトフォースゼロを襲う。
  • データカードダス『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』ではプラズマソウルを取りこんだプラズマ怪獣として2弾から登場。劇場版ショートムービー「VEROKRON hunting」ではハンターステーションにてプラズマ怪獣多数出現を報じる映像に映っているのが確認できる。また、5弾ではお菓子玩具『ウルトラボーン』とのコラボ怪獣として全身が骨化したプラズマボーンバードンが登場している。
  • 「ウルトラ怪獣擬人化計画」として『電撃G's magazine』2014年5月号(第6回)に妖精とリオのカーニバル風のダンサー服に、怪獣の体色と同じ髪をしたバードンさん(イラスト:minoa〈ニトロプラス〉)が掲載。「ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ」に登場。怪獣図鑑制作部の部員の1人。食いしん坊で常に骨付き肉を頬張っており、食べながら喋ることが多いためよく注意されている。「肉を食べなければ美人」と言われたりと美少女と言える容姿だが、感情表現が貧しいかつ無口な上に頭の中も食欲が占めており、行動も食に関するものが多い(例として後輩を「非常食」と称するなど)。一方で、お腹の鳴る音を聞かれるのを恥ずかしがるなど、最低限のデリカシー持ち合わせている模様で、ペガッサ星人をからかうなどのお茶目な一面もある。ゴモラとベムスターがわからないくらい大量の防寒具を着込んだりと相当な寒がり。C87の怪獣図鑑でゴモラとともに表紙に飾られるが、普段と異なる表情とポーズだったため、ガッツ星人とゼットン星人に「詐欺だ」と言われてしまった。
  • 漫画『ウルトラジャーニー ツインテール少女とツインテールな僕』では、魔女サバトに使役され、神樹マルスの世界に現れる。かつて光の巨人を屠ったとされている。
  • テレビシリーズ『ウルトラマンタイガ』のボイスドラマでは、グア軍団の外宇宙侵略機械化部隊戦闘隊長イムビーザの配下に機械改造されたオリジナル怪獣メカバードンが登場している[44]
  • ウルトラマン・燃える炎に登場したバードン
第7話「滅茶苦茶お台場バトル!」第8話「怨霊バードン」に登場。
第7話
  • 体長:63メートル
  • 体重:3万3千トン

第7話

お台場でデマーガをウルトラマンが倒した後に上空に出現するが、スペシウム光線であっけなく敗北した。
第8話
お台場で死んだバードンの怨霊で、怨霊を引き連れ、透明のままお台場に来る。だが、ウルトラマンに透視光線でばれ、仲間の怨霊と共に戦うが、スペシウム光線で仲間と共に消える。その後日にもまた現れる。その時は仲間の怨霊は引き連れていない。スペシウム光線で完全に敗北してしまう。

過去の映像を流用しての登場[編集] 編集

いずれも映像はそれぞれの初登場作品の流用。

『ウルトラマン怪獣大決戦』
冒頭のウルトラ戦士を紹介するシーンでゾフィーと戦うシーンが映されたが、この時にゾフィーが放ったのはM87光線と解説されている(実際はZ光線)。鳴き声はギャンゴに変更されている。
『ウルトラマンZOFFY ウルトラの戦士VS大怪獣軍団』
エースとゾフィーがアリブンタとギロン人を倒した頃にタロウと戦う。鳴き声は『ミラーマン』に登場するキティファイヤーのものに変更されている。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はバードンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。