Fandom


バードンは、特撮テレビ番組『ウルトラマンタロウ』、『ウルトラマンメビウス』に登場する架空の怪獣。別名:火山怪鳥。

『ウルトラマンタロウ』に登場したバードン 編集

第17話「2大怪獣タロウに迫る!」から第19話「ウルトラの母 愛の奇跡」に登場。

  • 身長:62メートル
  • 体重:3万3千トン

獰猛な鳥型の怪獣。作中では「火山怪鳥」、または単に「鳥」と呼ばれた。あらゆる肉を好み、怪獣のケムジラや人間も捕食する。鋭利な毒嘴と強力な1万度の火炎が主な武器で、特に毒嘴による攻撃は、まともにくらえばウルトラ戦士といえど致命傷は免れないほどの威力を持つ。

大熊山の火口で長い眠りについていたが、火山活動によって復活。自分と同じく復活したケムジラを追い求めてウルトラマンタロウとケムジラの戦闘に割って入ると、タロウを嘴でメッタ刺しにして圧倒し、エネルギー切れに追い込んだ後、ケムジラを捕食した。その後ZATの鳥もち作戦にかかるが何とか逃れ、さらにタロウに代わって現れたゾフィーをも火炎を浴びせて火だるまにした上に嘴で刺し殺してしまう。

やがてZATによって好物の肉を隠されたため、ついにはマンモス団地を襲って人間まで食べ始めるが、復活したタロウのキングブレスレットで嘴を封じられた上に分身攻撃に惑わされ、大熊山に激突して火口に落下、火山の噴火で爆死した。ケムジラを惨殺し、タロウ、ゾフィーと複数のウルトラマンを完膚無きまでに打ちのめした圧倒的な強さから本作最強の怪獣地球怪獣中最強との呼び声も高い。

  • ゾフィーのZ光線をまともに浴びてもすぐに立ち上がってしまうなど、強靭な皮膚と耐久力を持つ。そのためかタロウもバードンにはストリウム光線を使わず、上記のように変則的な仕留め方をしている。
  • ウルトラ戦士をエネルギー切れに追い込んだ、あるいはノックアウトさせたという意味で倒したのではなく、完全に絶命させた稀有な怪獣である。タロウはウルトラ心臓に致命的ダメージを受け、エネルギー切れをまねいて倒され、ゾフィーはカラータイマーが青のままでほぼ即死させられている。第18話ではウルトラ戦士の屍が2体も地球上にさらされるという珍しいシーンが見られる。
  • 血まみれのタロウ、頭を火炎で焼かれたゾフィー、手足を引きちぎられ捕食されるケムジラ等の殺害シーン、人間捕食シーン等、『ウルトラマンA』のドラゴリーと共に、ウルトラ怪獣史上トップクラスの残酷描写がある為、トラウマ怪獣とも言われる。
  • 3話にまたがって登場した初めての怪獣でもある。
  • 地球の怪獣がウルトラ戦士を死なせたという点でも稀有な怪獣である。その為M78シリーズでは『地球出身の最強の怪獣』と賛美するファンもいる。

『ウルトラマンメビウス』に登場したバードン 編集

ウルトラマンメビウス』第3話「ひとつきりの命」、第24話「復活のヤプール」に登場。

  • 体長:62メートル
  • 体重:3万3千トン

『ウルトラマンタロウ』に登場したバードンの別個体。GUYSのドキュメントZATにデータが記録されている。高熱火炎を吐き、鋭いクチバシを敵に突き刺すなど、見た目も能力もタロウで登場したバードンとほぼ同じ。クチバシの横にある袋の中に猛毒が蓄えられており、クチバシを突き刺すと同時に敵の体内に毒を流し込むという設定が強調された。この毒のせいで周囲の樹木が立ち枯れしている描写がある。ボガールに呼び寄せられ、先代同様大熊山の火口付近から出現し、メビウスと対決。クチバシでメビウスの左腿を突き刺して毒を流し込み、メビウスが弱った隙に逃走。太平洋上でGUYSオーシャンの攻撃を受けて日本に戻り、とある漁村でメビウスと再対決。毒が抜けきっていないメビウスを苦しめるが、GUYSクルーの援護射撃によって毒袋を撃たれ、弱ったところをメビュームシュートとキャプチャーキューブの合わせ技を受けて爆死した。

第24話ではホログラムとして出現。ファイヤーウインダムのテストの相手役として出現した。また、第27話ではその戦闘力からマケット怪獣化が検討されたが、草木を枯らすほどの猛毒は環境に悪い、ということで却下された。

『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』に登場したバードン
DXウルトラコクピット版に登場。怪獣墓場で眠っていたが、アークボガールによって目覚めさせられGUYSに襲い掛かる。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はバードンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。