FANDOM


バルキー星人(バルキーせいじん)は、特撮テレビ番組『ウルトラマンタロウ』、『ウルトラマンメビウス』に登場する架空の異星人。別名:宇宙海人。


注意:以降の記述には物語・作品・登場人物に関するネタバレが含まれます。免責事項もお読みください。


『ウルトラマンタロウ』に登場したバルキー星人 編集

第53話(最終回)「さらばタロウよ! ウルトラの母よ!」に登場。

  • 身長:1.8~49メートル
  • 体重:100キログラム~2万2千トン

サメクジラを操り、地球の海を我が物にしようと目論む。額から発射する破壊光線(DVDの解説映像では「バルキービーム」と呼称)と、手に持った「バルキーリング」(バルキーソードとも呼ばれる)が最大の武器となる。また、宇宙金属が埋め込まれた頭部による頭突きも強力。動きも素早く、ウルトラマンタロウの背後を取る程。サメクジラとタロウが戦っている最中、タロウを後ろから倒そうとするが、ZATの攻撃に阻まれて失敗し、サメクジラも倒されたため一度は逃亡する。しかし、タロウ=東光太郎がウルトラバッジを捨てた直後再び現れ、「バッジのないタロウなど恐ろしくもない」と言い放ち、タロウとしての能力を持たない光太郎に容赦なく襲い掛かる。しかし最後は、光太郎によってタンクの密集した石油コンビナートにおびき出され、自らひっくり返したタンクからあふれ出た石油を浴びたところを、光太郎のZATガンで点火されて爆破炎上、絶命する。

  • ウルトラマンレオのNGデザインを元に再デザインされたため、風貌がウルトラ戦士に似ており、胸にカラータイマーがついているようにも見える。
  • 声:鹿島信哉

『ウルトラマンメビウス』に登場したバルキー星人 編集

第16話「宇宙の剣豪」に登場。

  • 体長:1.8 - 49メートル
  • 体重:100キログラム - 2万2千トン

『ウルトラマンタロウ』に登場したバルキー星人の同族。GUYSのドキュメントZATにデータが記録されている。ザムシャーを倒して己の名を上げるためにザムシャーを追って地球に来た。リング状の装飾がついた剣(バルキーリング)を武器にオオシマ彗星の破片に紛れてザムシャーを襲撃し、そのまま地球でザムシャーと戦闘を繰り広げるが、圧倒的な力の前に成すすべもなく倒された。そのためメビウスともヒカリとも闘っていない。

  • 声:神谷誠
  • 着ぐるみは、アトラクション用のものを改造。

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。