FANDOM


バキシムは、特撮テレビ番組『ウルトラマンA』を始めとするウルトラシリーズに登場する架空の怪獣(超獣)。別名「一角超獣」。


注意:以降の記述には物語・作品・登場人物に関するネタバレが含まれます。免責事項もお読みください。


『ウルトラマンA』に登場したバキシム 編集

ウルトラマンA』第3話「燃えろ! 超獣地獄」に登場。

  • 身長:65メートル
  • 体重:7万8千トン

ヤプールが地球上のイモムシと宇宙怪獣を合体させて作った超獣。武器は体の各部から放つロケット弾と手から放つ7万度の火炎、ミサイルになる頭の角で、空を割って移動する(誇張や例えではなく、ガラスを割るように空を割って登場する)他、人間への変身能力も持つ。

タックアローでパトロール中の南隊員が中森四郎という少年の姿を見かけた直後に空から出現、近くを飛行していた旅客機を破壊した後、そのまま姿を消した。少年に変身した状態でも口や両手の先からダーツ状のロケット弾を放ち、四郎の祖父母や周辺住民を殺害し、両手を合わせて放つ赤色レーザーで、四郎の祖父母の家を炎上させた。四郎に化けてTACを撹乱し、留守同然で手薄になったTAC基地を襲撃。全身に装備されたミサイルを使って襲うが、最期はAにウルトラスラッシュで首を切断されて倒された。

事件後、本物の四郎は一連の事件の3日前に、東京で、両親と共に原因不明の自動車事故で死亡していたことが明らかになった。

  • 四郎を演じた高橋仁は、後にコオクスの人間体の星野アキラも演じている。
  • 「牙を持つイモムシの超獣」というコンセプトから、キバムシ→ムシキバ→逆読みによりバキシムと命名された。
  • 着ぐるみの造形は『北京原人の逆襲』などで知られる村瀬継蔵

『ウルトラマンメビウス』に登場したバキシム 編集

ウルトラマンメビウス』第24話「復活のヤプール」に登場。

  • 体長:65メートル
  • 体重:7万8千トン

『ウルトラマンA』に登場したバキシムの別個体であり、GUYSのドキュメントTACにデータが記録されている。『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』において復活したヤプールの怨念を受けて行動しており、赤い雨の調査のために南沢市の住宅街へやって来たリュウとミライを襲う(その際にリュウは捕らえられ、ヤプールの怨念を宿す器とされてしまった)。その後GUYSの新型アイテムであるGUYSタフブックに関する実験の最中に突如空を割って出現、GUYS本部襲撃のために進軍を開始。照準機の機能を宿した両眼で正確に敵を狙い、頭部の角ミサイル、鼻先からの高熱弾、両腕から放つ火炎放射など初代同様豊富な武装で攻撃する。通常の怪獣を超える戦闘力を駆使してメビウスを苦しめるが、最期はメビウスブレイブのメビュームナイトブレード・ブレードオーバーロードによって体を両断され、死亡した。

  • 以前出現した個体と同じく空を割って登場するが、『ウルトラマンメビウス』においてはヤプール(実体)及びその手下は一部を除き皆出現したり標的を異次元に連れ込む際に「空を割って」いる。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場したバキシム 編集

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』第5話「暴走の果てに」に登場。

  • 体長:65メートル
  • 体重:7万8千トン

メトロン星人が操る超獣の一体。レイへの雪辱戦に燃えるメトロン星人の命令で、空を割っての空間転移からの攻撃で惑星ハマーを脱出しようとするペンドラゴンの行く手を阻む。

その後、再び暴走状態に陥ったレイのゴモラと対決する。序盤こそ善戦するが、レイオニックバースト状態のゴモラには次第に手も足も出ず圧倒されていき、最後は零距離超振動波(ゼロシュート)で倒された。

  • スーツアクター:末永博志
  • 着ぐるみは『ウルトラマンメビウス』の流用。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場したバキシム編集

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

ウルトラマンベリアルのギガバトルナイザーの力で怪獣墓場から復活し、ベリアル配下の怪獣軍団の一体となる。怪獣墓場での決戦ではリトラと戦い、最期は、駆け付けたウルトラマンゼロのワイドゼロショットで倒された。

また、百体怪獣ベリュドラの左角を構成する怪獣の一体としても登場している。

  • 着ぐるみは『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』までに使用された物の流用。

『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』に登場したバキシム 編集

大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』第7話「宇宙の黒い影」、第9話「決戦!エースキラー」、NEO第6話「執念のヤプール」に登場。

原作同様ヤプール人の操る超獣として登場。今までのシリーズ同様、空を割って登場する。バトルナイザー破壊の為に送り込まれるが、バトルナイザーの怪獣に奇しくも倒される。その後、第9話ではエースキラーの応援怪獣として登場するが、こちらもエースキラー共々倒された。

『NEO』第6話でもエースキラーと共に登場。エースキラーに同じく、巨大ヤプールに従えられて現れたが、こちらもバトルナイザーの怪獣に倒された。

ステータスはアタックとパワーが高いがスピードに劣る。必殺技は原作を再現した「角ミサイル」、「火炎放射」、「バルカン連射」である。『NEO』ではスピードゲージがロボット怪獣のものとなっており、サイボーグ怪獣的な扱いをされている。また、NEO第5弾では『メビウス』で見せた高熱ビーム攻撃の「バキシクラッシャー」と、ベロクロンと組む事で発動されるタッグ必殺技「超獣爆撃作戦」が追加された。

  • ポリゴンは『ウルトラマン Fighting Evolution3』と『ウルトラマン Fighting Evolution 0』の流用。

一角紅蓮超獣 バキシマム 編集

『NEO』第7弾で登場する、バキシムの強化版。スタイルは強化前とそれほど変わってはいないものの、バキシムの強化版を強調するかのようなデザインとなっている。全体的に炎をイメージしたようなパーツが加わり、腕にはバーナーのような連射ユニットが着けられ、背中のオレンジ色の結晶体のようなものは棘に、頭部の一角は赤く鋭角的で、強化前の角ミサイルと異なって炎を纏ったブーメランのようになっており、使った後すぐにバキシマムの頭に戻ってくるために何度でも使用可能な「一角紅蓮ミサイル」に変化している。

ステータスはバキシムを大きく上回っており、高熱属性攻撃への耐性も身に付けている。必殺技は両腕の連射ユニットから火炎弾を連射する「紅蓮火炎弾」や、一角紅蓮ミサイルに炎を纏って敵を切り裂く「一角紅蓮ミサイル」、両者を組み合わせた「紅蓮コンビネーション」があり、全て高熱属性必殺技である。

  • 名前の由来はバキシムとマキシマムを掛けたもの。
  • 元は児童誌による「バキシム強化改造計画」の最優秀賞受賞作品。ソフトビニール玩具として発売されている。

その他の登場作品 編集


関連項目 編集


Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はバキシムにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。