FANDOM


ナースは、特撮テレビ番組『ウルトラセブン』に登場する、架空の怪獣。別名「宇宙竜」。

『ウルトラセブン』に登場したナース 編集

第11話「魔の山へ飛べ」に登場。

  • 全長:120メートル
  • 体重:15万トン

ワイルド星人が製造した金色のロボットで、円盤状に変形が可能。円盤状の時はワイルド星人の乗り物となり、下部からエネルギー弾を発射して攻撃する。雷鳴に紛れて地球に飛来した。

セブンの周りを円盤のまま高速飛行し、自分の姿を追うセブンの目を回した上で巻き付いて締め上げたまではよかったが、パワーではかなわず正気を取り戻したセブンにバラバラに引きちぎられて倒された。この戦闘でセブンの額のビームランプ点滅が初めて描写された。

  • 声はエビラのものを使用している。
  • 大きさが無限大のものと、宇宙レベルの大きさを持つバキューモンを除けば、昭和ウルトラシリーズで一番体長が長い。

『ウルトラセブン誕生35周年“EVOLUTION”5部作』に登場した円盤竜 編集

全EPISODEに登場。

かつて地球人の若い生命を求めて地球に侵入したワイルド星人が操っていた宇宙竜ナースによく似た姿をしている。しかし、かつてのものとは全くの無関係であると推測されている。

こちらがガルト星人が詐称していた恒点観測員の立場で、アカシックレコードに記された植物生命体と現生地球人類との共存を見守る役目を持っていたらしい。

EPISODE:3「ネバーランド」においてセブンとは異なる惑星から来た恒点観測員であるとカザモリに名乗っている。各EPISODEの何処かに必ず出現しているが、セリフはEPISODE:3のみ。

  • 声:二又一成
  • 書籍によってはナースと同種族説もある。

『PDウルトラマンバトルコレクション64』に登場したナース 編集

プレイヤーキャラクターとして使用できるが、ゲームの都合からか全長がだいぶ短く描写されている。レベルを上げると「リードプラズマ」という電撃光線を覚える。また、一部の技で円盤状になった姿を見ることが出来る。


関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はナース (ウルトラ怪獣)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。