FANDOM


ドラゴリーは、特撮テレビ番組『ウルトラマンA』を始めとするウルトラシリーズに登場する架空の怪獣(超獣)。別名「蛾超獣」。


注意:以降の記述には物語・作品・登場人物に関するネタバレが含まれます。免責事項もお読みください。


『ウルトラマンA』に登場したドラゴリー 編集

ウルトラマンA』第7話「怪獣対超獣対宇宙人」、第8話「太陽の命・エースの命」に登場。

  • 身長:67メートル
  • 体重:5万8千トン

TAC基地の近くに現れ、基地に向かう途中でAと初対決。苦戦させたがエースバリアで封印された。ヤプールにエースバリアを解いてもらい、メトロン星人Jr.と組んで再びAと激突した。蛾と宇宙怪獣の合成超獣で、武器は口から吐く火炎と両腕から放つミサイル。また、かなりの怪力を誇り、戦闘に割り込んできたムルチを怪力で引き裂いて殺している。しかしエースバリアでメトロン星人Jr.と共にまたしても封印された。やがて封印が解け、メトロン星人Jr.と組んで三度激突。メトロン星人Jr.が倒された後も単身Aに挑み、エネルギー切れに追い込むが、太陽エネルギーを得て復活したAにパンチで腹を抉られ怯んだ所をエースブレードで首を斬り飛ばされたあげく、メタリウム光線で体を爆破された。

『ウルトラマンメビウス』に登場したドラゴリー 編集

ウルトラマンメビウス』第25話「毒蛾のプログラム」に登場。

  • 体長:67メートル
  • 体重:5万8千トン

『ウルトラマンA』に登場したドラゴリーが復活したもの。GUYSのドキュメントTACにデータが記録されている。ヤプールの復讐の意志によって蘇ったが、33年前の「地球に接近した妖星ゴランを破壊するためのマリアミサイルを破壊する」というプログラムも残っており、命令を実行するためかつての発射基地跡に出現。フェニックスネストにミサイルがあると思い込み、巨大蛾に変身して異次元物理学のスペシャリスト・フジサワ教授の体に憑依し、基地ごとミサイルを破壊しようとした。しかしドラゴリーの考えはフジサワ教授に読まれており、作戦は失敗。ドラゴリーは基地近くで実体化してメビウスと戦う。両眼の破壊光線と怪力でメビウスを攻め立てるが、GUYSの援護によって形勢が逆転。さらに、フジサワ教授が開発したメテオール「リージョン・リストリクター」によって異次元への逃げ道を塞がれ空から墜落し、最期はメビウスブレイブのメビュームナイトブレード・ブレードオーバーロードによって倒された。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場したドラゴリー 編集

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第11話「ウルトラマン」に登場。

  • 体長:67メートル
  • 体重:5万8千トン

ヴィンセント島に上陸し、ゴモラと戦うベロクロンに加勢するが、そこにゴモラの援軍としてエレキングも加わり、怪獣対超獣のタッグマッチとなる。口からの火炎弾などでエレキング相手に善戦するが、ベロクロンが倒されたことでゴモラとエレキングの二体から攻撃を受け、最後はエレキングの放電光線を受けて倒された。

  • 着ぐるみは『ウルトラマンメビウス』で使用された物の流用。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場したドラゴリー 編集

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』第4話「困惑の再会」に登場。

  • 体長:67メートル
  • 体重:5万8千トン

メトロン星人に操られる。レイのゴモラと戦うが、暴走してレイオニックスバーストとなっていたゴモラには手も足も出ず叩きのめされる。超振動波を受けてダメージを負い、身の危険を感じたメトロン星人によって回収された。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場したドラゴリー編集

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

ウルトラマンベリアルのギガバトルナイザーの力で怪獣墓場から復活し、ベリアル軍団の一体となる。他の怪獣軍団と共にウルトラセブンに襲い掛かったが、最期はベリアルのギガバトルナイザーによる攻撃の巻き添えになって爆散した。

回想シーンでもレイブラッド星人が率いる怪獣軍団の中に姿が確認できる。また、百体怪獣ベリュドラの胴体を構成する怪獣の一体としても姿が確認できる。

  • 着ぐるみは『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』までに使用された物の流用。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はドラゴリーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。