Fandom


シルバゴンとは、特撮テレビ番組『ウルトラマンティガ』『ウルトラマンダイナ』に登場した架空の怪獣である。別名:剛力怪獣。

『ウルトラマンティガ』に登場したシルバゴン 編集

『ウルトラマンティガ』第26話「虹の怪獣魔境」に登場。

  • 身長:65メートル
  • 体重:7万5千トン

獅子鼻樹海の虹を越えた先にある異次元空間に生息する怪獣。ガギIIをかみ殺した上に、ガギIIの作り出したバリヤーを叩き割るほどの(エボリュウの3倍である)300万馬力の怪力でウルトラマンティガを苦しめた。体皮が非常に硬くゼペリオン光線も平気である。敵を倒すとドラミングする性質を持つ。知能は意外に高くティガのゼペリオン光線やタイプチェンジのポーズを真似していた。だがティガのように光線が撃てたり、タイプチェンジが出来るはずもなく、駄々をこねるといったユーモラスな一面も見せた。

視力が悪いらしく動いていないものは判断することはできない。そこをティガにつかれてだるまさんがころんだの戦法で混乱しダメージを受けたところでウルトラヘッドクラッシャー、ティガ・バーニングダッシュの連続攻撃を受けて倒される。同族にゴルドラスという怪獣もいる。尚、余談だが本作に登場する怪獣の中で唯一マシン・シャーロックを初めて踏み潰した怪獣である。

『ウルトラマンダイナ』に登場したシルバゴン 編集

『ウルトラマンダイナ』第16話「激闘! 怪獣島」に登場。

  • 名前:クローンシルバゴン
  • 身長:67メートル
  • 体重:7万6千トン

オオトモ博士が人間に役立つように作ったクローン怪獣の一体で、『ウルトラマンティガ』に登場したシルバゴンのクローン。初代は動いているものしか見ることが出来なかったが、動いていないものでもはっきり見えるよう改良されており、敵を倒すとドラミングする性質も受け継いでいる。また角と体の溝が青くなり、体が一回り大きくなっている。岩石を投げての攻撃を得意としている。しかし、初代はゼペリオン光線にも耐えられたのに対し、クローンはスーパーGUTSの速射銃ブレイクシューターで傷ついている事から防御力は初代に劣ると思われる。クローンシルドロンを倒して暴れ出した後、ネオザルスにぶっ飛ばされホーミングビームで倒された。ダイナとは戦わなかった。

スーツアクター:三村幸司

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はシルバゴンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。