FANDOM


ザ☆ウルトラマンの登場怪獣(ザ☆ウルトラマンのとうじょうかいじゅう)は、テレビアニメザ☆ウルトラマン』に登場した架空の怪獣宇宙人ロボット、その他の生物の一覧である。

冷凍怪獣 シーグラ 編集

第1話「新しいヒーローの誕生!!」に登場。角が生えたティラノサウルスのような怪獣、南極から赤道を越えて流れてきた巨大氷山に潜んでいた。最初に氷山から出現した個体が口から冷凍光線を発射し、港湾地域を氷結させた後に、のこり3頭が出現した。最初の個体ともう1頭はジョーニアスを氷結させたりと善戦するも効果がなく、2頭はプラニウム光線を受けて倒される。残り2頭は戦闘中の冷凍光線の 誤射による同士討ちで氷結し海中へ沈んだ。

  • 身長:73メートル
  • 体重:6万2千トン

竜巻き怪獣 スパイラル 編集

第2話「光るペンダントの秘密」に登場。外観は巨大な竜巻。海から上陸し、発電所を襲撃してエネルギーを奪った。竜巻を変形させ一対の腕を発生させて相手に掴み掛かる事も出来るが、ムツミのバーディーを竜巻に巻き込んでしまう。科学警備隊本部のエネルギー出力を限界まで引き上げた罠に惹かれて出現し、竜巻内からの照明弾で内部に本体(5本の触手を有する心臓)がある事を暴かれる。本体だけでジョーニアスと同じくらいの大きさがあり、ジョーニアスを羽交い絞めにしたが返り討ちにあい、倒される。

  • 全長:480メートル
  • 体重:不定

分裂怪獣 ワニゴドン 編集

第3話「草笛が夕日に流れる時…」に登場。地底から出現した一体がマルメの至近距離からの砲撃で倒され、その後、回収班に死骸は研究所へ持ち帰られるものの、飛び散った破片が急速に成長する事が判明した。うち一頭が少年に拾われペロと名づけられるが、怪獣化した直後に他の3頭が海岸に出現するが、ペロが海を苦手にしていた事から、4頭ともジョーニアスに海中に叩き込まれ倒された。

  • 身長:82メートル
  • 体重:7万9千トン

分裂怪獣 ペロ 編集

第3話「草笛が夕日に流れる時…」に登場。ワニゴドンの最初の個体の破片から生まれたクローン体。少年に拾われ、わずか一日で急成長する。ただし、幼少期には草笛に懐いており、巨大化後のジョーニアスとの格闘中に少年の草笛に反応した直後に海へ叩き込まれ、プラニューム光線を食らい、融解、絶命した。

  • 身長:50センチメートル
  • 体重:15キログラム

雲怪獣 レッドスモーギ 編集

第4話「謎の赤い雲を追え!!」に登場。突如出現した、謎の赤い雲が雨の為に固形化し、赤い雪男のような怪獣に変貌した。本来の姿が気体(赤い雲)であり、水分を苦手としており、固形化と共に苦痛を感じるらしい。その為に苦しんで山間部で大暴れし、ダムを破壊しようとしたところをジョーニアスに雨雲を散らされ、太陽光線を浴び気体に戻り、その状態でジョーニアスに水分のない宇宙へ連れて行かれた。

  • 身長:67メートル
  • 体重:5万8千トン

地底怪獣 タフギラン 編集

第5話「パッセンジャー号地底突破!!」に登場。山林の広範囲の樹木を数千本一晩で食いつくした四足の地底怪獣のメス。ヘンリーニシキ博士によるとアフリカにも同様の事件が起こっていたという。地底戦車パッセンジャー号で発見され、地上に出現した。子供二頭(タフギラコ)を育てていたが、同属で夫のオスのタフギラスと共にジョーニアスにプラニューム光線で倒される。

  • 身長:118メートル
  • 体重:9万6千トン

地底怪獣 タフギラス 編集

第5話「パッセンジャー号地底突破!!」に登場。タフギランと同属のオス怪獣、タフギランを助けに地上に出現し、ジョーニアスと戦う。たてがみ状のトゲが武器で前面の敵に向けて突き刺す事もできるが、夫婦ともどもジョーニアスに倒される。

  • ニシキ博士曰く、繁殖して世界中の樹木を食べ尽くす可能性があるという、また博士が目撃した前述(タフギランの項)のアフリカの事件を起こしたのは、この個体なのか、同種族の別個体なのかは不明。
  • 身長:96メートル
  • 体重:8万トン

地底子怪獣 タフギラコ 編集

第5話「パッセンジャー号地底突破!!」、第17話「ベータミーが消えた」に登場。地底怪獣タフギラスとタフギランの子供。親の後を追い地上に出現する。親を倒されたのを見て、仇のジョーニアスの両足に噛り付いて復讐を図るも、リトル光線で8メートルから犬程度の大きさに縮小され、ニシキ博士にアフリカの自宅で飼われる事となった。「もし、成長して再び暴れたら」という問いに博士は「ウルトラマンが来てくれる」と答えたが、17話においては完全に懐いており、その心配はなさそうである。

  • 身長:8メートル
  • 体重:不明

溶岩怪獣 ファイヤバドン 編集

第6話「燃える深海への挑戦」に登場。マグマの中に生息する怪獣で二億年前から生息していた事実が(劇中の)文献に記されている。コウモリに似た姿の赤く輝く飛行怪獣で、海底火山から火山弾や津波と共に出現し、空気中に5分程度しか居られず、エネルギー補給のために地中へ戻る為、当初は姿もろくに確認されなかったが、ムツミが記録に気づき、正体が発覚。かなりの難敵であったが、強化したマードックに海中で腹部にモリを打ち込まれ、そこへジョーニアスにエネルギーを通電されて倒された。

  • 身長:63メートル
  • 体重:2万4千トン

電子怪獣 コンビューゴン 編集

第7話「攻撃指令! 目標はピグ!!」に登場。5年前に宇宙船を襲い、コンピューターと同化し、地球に落下し地底で眠っていた怪獣が、超新星の爆発の際に放出された電波の影響で、復活した。その危機は科学警備隊のロボットのピグだけが感知していた。地底から市街地に出現し、ジョーニアスと激闘をする。軟体動物のような姿で頭部の上に一対の触手を持ち、その先端からのビームと触手での閉め上げでジョーニアスを苦戦させるも、先の危険信号に反応して現場にいたピグの後ろが弱点という指摘でジョーニアスに背面から内部のコンピューターを破壊され、元の宇宙怪獣に戻り、宇宙へ戻された。

  • 身長:80メートル
  • 体重:6万3千トン

ロボット101号 編集

第7話「攻撃指令! 目標はピグ!!」に登場。前述のコンピューゴン復活の影響を受け、危険信号を発するも原因がわからない為、素行不良とされたピグの代わりに派遣された地球防衛軍の新型ロボット。ピグモンをモデルにしたピグと異なり、見た目はスマートな人間型のロボットで優秀さを鼻にかけ、論理的な解析を優先し、旧型(地球防衛軍で最初の機体である)のピグに廃棄処分を暗に薦めたりと冷徹な面がある。結局、事件の後にアルプス支部へ配属されていった。

  • 声:永井一郎
  • 身長:185センチメートル
  • 体重:190キログラム

宇宙忍者 バルタン星人 編集

第8話「ヒカリ隊員の秘密が盗まれた!?」に登場。

バルタン星人の項目を参照。

モンスター怪獣 ミコノス 編集

第8話「ヒカリ隊員の秘密が盗まれた!?」に登場。バルタン星人の手によりウルトラマンジョーニアスの戦いを一部始終撮影する(そのフィルムを使ってジョーニアス=ヒカリを罠にはめる為)為だけに山中に出現したゴリラの様な怪獣。あっさりと倒された。

  • 身長:2~76メートル
  • 体重:350キログラム~6万8千トン

頭脳怪獣 ドルフィーゴ 編集

第9話「目覚めた古代生物の恐怖!!」に登場。

  • 身長:75メートル
  • 体重:8万1千トン

テレポート怪獣 ザローム 編集

第10話「見えたぞ! まぼろしの怪獣が…」に登場。

  • 身長:113メートル
  • 体重:7万8千トン

液体怪獣 編集

第11話「科学警備隊へのチャレンジ!!」に登場した紫色のアメーバ状生物。機械に取り付き自在に操る能力を持つ。ヒマラヤの地中に潜んでいた。熱や炎を苦手とする。

  • 身長・体重:不定

ブルドーザー兵器 ヘクトール 編集

第11話「科学警備隊へのチャレンジ!!」に登場。 5年前に地球防衛軍において対怪獣兵器として大河原大介(声:内海賢二)が開発を進言するが、当時は怪獣の脅威に防衛軍が本腰を入れていなかった為、軍を辞めた大河原が独力で完成させた。前部ブレードに取り付けられた攻撃掘削兼用ドリルと2本のショベルアームが特徴。コクピット両脇から上方に折れ曲がる一対の角を持つ。ドリルで地中を掘り進むことも可能。また、怪獣を検知するセンサーを有し、その反応に従いヒマラヤの地底を掘り進んでいった。

機械怪獣 ヘクトール 編集

第11話「科学警備隊へのチャレンジ!!」に登場。液体怪獣にブルドーザー・ヘクトールが乗っ取られ怪獣化した。外観および能力は怪獣化前後で特に変化していない。

  • 放映当時に発売された怪獣消しゴムでは、液体怪獣がドロドロと付着している状態が再現されていた。
  • 身長:105メートル
  • 体重:8万5千トン

同居怪獣 オプト (サン、ジン、チョウ)編集

第12話「怪獣とピグだけの不思議な会話」に登場。一つの殻に3頭の兄弟が共生している怪獣で、海洋汚染により三頭の内の兄怪獣2体(サン、ジン)が凶暴化し、上陸した。怪獣語での交信を試みたピグにより、大人しい弟怪獣(チョウ)と交信が成り立ち、兄弟の名前や兄から栄養をもらっているチョウだけが凶暴化せずに済んでいるといった境遇が明らかになり、ピグと兄を説得して海へ帰る約束をするも、適わず、サン、ジンをジョーニアスに倒され、その怒りで衰弱していたチョウまでも凶暴化、兄のように角が生え、ジョーニアスに襲い掛かるが、そのまま絶命する。

  • 身長:83メートル
  • 体重:13万2千トン

音波怪獣 ガラドラス 編集

第13話「よみがえった湖の悲しい伝説」に登場。日本の東北地方にある湖、龍神湖の底で眠っていた。口から発する怪周波で生物を石化する。

  • 身長:99メートル
  • 体重:9万6千トン

火焔怪獣 ゲロン 編集

第14話「悪魔の星が来た!!」に登場。

  • 身長:114メートル
  • 体重:8万6千トン

火山怪獣 ガドン 編集

第14話「悪魔の星が来た!!」に登場。(次回予告でクレジットされず)

  • 身長:123メートル
  • 体重:6万1千トン

宇宙怪獣 ザイクロン 編集

第14話「悪魔の星が来た!!」に登場。惑星のような姿をしているが、実はその惑星そのものが怪獣。

  • 身長:109メートル
  • 体重:13万4千トン

地球に急接近した謎の天体を護る怪獣と思われたが、実は星自体が鉱物生命体であり、その身を護る為にエネルギーを集めて誕生させた存在である。二本の脚部で謎の天体を攻撃するミサイルを全て破壊し、牙で砕き、飛来したジョーニアスをも窮地に追い込むが、その場を離脱して、太陽エネルギーを吸収して120メートルに巨大化したジョーニアスのウルトラボディスクリューで貫通され、そのまま謎の天体の心臓部の発光体へ叩き込まれて、その穴にスーパーマードックにミサイルを撃ち込まれて倒された。

謎の天体 

第14話「悪魔の星が来た!!」に登場。

少々いびつな形状の謎の天体。地球に急接近して、地球と月の間を通過しようとした。その正体は巨大な鉱物生命体であり、発散する放射線が爬虫類や怪獣を凶暴化させる性質を持っていた。また自在にエネルギーを集中して怪獣ザイクロンを生み出して防御している。弱点は中心の発光体で、そこにザイクロンを叩き込まれて、ジョーニアスのウルトラボディスクリューとマードックのミサイルの集中攻撃で破壊された。尚、特定の呼称で呼ばれる事はなかった。

いん石獣 ゴグラン 編集

第15話「君がウルトラマンだ」に登場。突如地球に現れた、芋虫のような怪獣。一度ガスタンクの爆発に巻き込まれた死んだはずだったが、脱皮して成獣になって甦った。羽からりん粉を出して攻撃する。最期はプラニウム光線を食らって大爆発した。次回予告では、いん石怪獣と言う片書きでナレーションに読まれた。(ただし、クレジットではいん石獣)

  • 身長:9センチメートル~109メートル
  • 体重:800グラム~5万3千トン

幼鳥 モア 編集

第16話「生きていた幻の鳥」に登場。

  • 身長・体重:不明

古代怪鳥キングモア 編集

第16話「生きていた幻の鳥」に登場。

  • 身長:77メートル
  • 体重:4万6千トン

こん虫獣 バダン 編集

第17話「ベータミーが消えた」に登場。

  • 身長:83メートル
  • 体重:4万2千トン

岩礁怪獣 アイランダ 編集

第18話「謎のモンスター島」に登場。

  • 全長:816メートル
  • 体重:14万5千トン

精神寄生体 編集

第19話「これがウルトラの星だ!! 第1部」に登場。

は虫怪獣 ゲラド 編集

第19話「これがウルトラの星だ!! 第1部」に登場。

  • 身長:129メートル
  • 体重:13万7千トン

は虫怪獣 ジャニュール 編集

第19話「これがウルトラの星だ!! 第1部」に登場。

  • 身長:317メートル
  • 体重:14万9千トン

は虫怪獣 ベドラン 編集

第19話「これがウルトラの星だ!! 第1部」に登場。(英語表記:BEDORUN)

  • 身長:148メートル
  • 体重:12万2千トン
  • 出身地:アフリカ、アメリカ
  • 武器:巨大なツノ、口から火炎

大昔に絶滅した恐竜の生き残りに精神寄生体が憑依、アメリカにてウルトラマンジョーニアスの命を奪う。アストロビームで倒された。

  • ザ・マンの怪獣で唯一、実写映像に登場した(バルタン星人などの再登場怪獣は除外。)。着ぐるみは『恐竜戦隊コセイドン』のジャンボサウルスの改造。

は虫怪獣 ジャニュール三世 編集

第21話「これがウルトラの星だ!! 第3部」に登場。

  • 全長:392メートル
  • 体重:15万6千トン

凶悪星人 バデル族 編集

第20話「これがウルトラの星だ!! 第2部」、第21話「これがウルトラの星だ!! 第3部」に登場。

  • 身長:268センチメートル
  • 体重:631キログラム

暗黒怪獣 バゴン 編集

第21話「これがウルトラの星だ!! 第3部」に登場。登場怪獣の中でも一番大きい怪獣。

  • 身長:938メートル
  • 体重:187万3千トン

異次元怪獣 ザーモス 編集

第22話「南海の怪しい空間」に登場。

  • 身長:38~142メートル
  • 体重:3万7千~19万9千トン

高速怪獣 ザンバ 編集

第23話「超音速の対決」に登場。超高速で飛び回る怪獣。真空の翼で切り裂く。

  • 身長:84メートル
  • 体重:5万2千トン

アルファ・ケンタウリ第1惑星王女 編集

第24話「二人のムツミ隊員」に登場。アルファ・ケンタウリ人は決まった姿を持たず、あらゆる星の生命体に姿を変化できる。普段は訪れた惑星の住民の姿を借りて変身しており、王女の場合は偶然最初に出会ったムツミの姿そっくりに変身した。

  • 身長・体重:不定

宇宙竜 ドラゴドス 編集

第24話「二人のムツミ隊員」に登場したロボット怪獣。アルファ・ケンタウリ第5惑星人の暗殺者が搭乗する戦闘円盤が姿を変えたもの。設定では、ワイルド星人の宇宙竜ナースをモデルにして作られたとされている。

  • 全長:425メートル
  • 体重:22万6千トン

毒花怪獣 デスバラン 編集

第25話「悪魔の花園」に登場。人間に幻覚を見せる。その幻覚を見た人間は血液がなくなっていき、最終的にはミイラになってしまう。

  • 身長:81メートル
  • 体重:8万2千トン

凶暴怪獣 ギバルーガ 編集

第26話「地球最大の危機!!」に登場。別名「寄生頭脳 ギバルーガ」。ヒトデのような外観。背面はウルトラマンジョーニアスのプラニウム光線(Bタイプ)を凌ぐ強靭さを持つ。触手からは光線を放つ。地球全体に根を張り巡らせ、地球から養分を吸い取ったり、地球全域に地震を発生させる。

  • 声:飯塚昭三
  • 身長:137メートル
  • 体重:14万6千トン

宇宙悪魔 バラドン星人 編集

第27話「怪獣島浮上!!」に登場。全身緑色でビリケン頭、瞳のない赤い目を持つ人型宇宙人。周囲を岩石で固め小惑星に偽装した円盤に搭乗している。宇宙にある怪獣墓場からレッドキング達・怪獣軍団を復活させ、地球支配を企てる。また、U40をはじめとした数多の星を襲撃あるいは破壊した過去を持つ。

  • 声:飯塚昭三
  • 身長:207センチメートル
  • 体重:452キログラム

どくろ怪獣 レッドキング 編集

第27話「怪獣島浮上!!」に登場。

レッドキングの項目を参照。

青色発泡怪獣 アボラス 編集

第27話「怪獣島浮上!!」に登場。

アボラスの項目を参照。

赤色火炎怪獣 バニラ 編集

第27話「怪獣島浮上!!」に登場。

バニラ (ウルトラ怪獣)の項目を参照。

凶暴怪獣 アーストロン 編集

第27話「怪獣島浮上!!」に登場。

アーストロンの項目を参照。

爆弾怪獣 ゴーストロン 編集

第27話「怪獣島浮上!!」に登場。

ゴーストロンの項目を参照。

プラスチック怪獣 ゴキネズラ 編集

第27話「怪獣島浮上!!」に登場。

ゴキネズラの項目を参照。

合体怪獣 ダバラン 編集

第28話「新キャップが来た!!」に登場。

  • 身長:138メートル
  • 体重:12万8千トン

象怪獣 編集

第28話「新キャップが来た!!」に登場。

  • 身長:98メートル
  • 体重:7万トン

翼竜怪獣 編集

第28話「新キャップが来た!!」に登場。

  • 身長:62メートル
  • 体重:4万8千トン

侵略星人 ジャダン 編集

第29話「悪魔のUFO大襲来」に登場。

  • 身長:223センチメートル
  • 体重:296キログラム

双頭怪獣 ジャゴン 編集

第29話「悪魔のUFO大襲来」に登場。

  • 体長:103メートル
  • 体重:7万7千トン

骨怪獣 スケルドン 編集

第30話「動きだした巨大化石」に登場。

  • 身長:88メートル
  • 体重:1万3千トン

宇宙星獣 ガルバドス 編集

第31話「ウルトラの女戦士」に登場。外見はヤドカリのような姿。

  • 身長:94メートル
  • 体重:8万2千トン

暗黒星人 バビラー 編集

第32話「宇宙からの物体X」に登場。

  • 身長:190センチメートル
  • 体重:240キログラム

ロボ怪獣 メガザウラ 編集

第32話「宇宙からの物体X」に登場。

  • 身長:120メートル
  • 体重:10万5千トン

集結怪獣 ガミバ 編集

第33話「GO!! マグマの決死圏」に登場する軟体生物とその群体。固体は体長50cm程度で体色は緑。手足に相当する機関はないが飛行能力を持つ。また、鉱物を食料とする。集団行動時には固体同士が結合し、より強大な群体としても活動が可能。群体の中でも最大のものは2本の腕を持ち、口から溶解液を吐き出す。

  • 身長:125メートル
  • 体重:9万2千トン

宇宙怪獣 ゴードリアン 編集

第34話「盗まれた怪獣収容星(前編)」に登場。

  • 身長:82メートル
  • 体重:7万3千トン

宇宙海賊 インベド人 編集

第34話「盗まれた怪獣収容星(前編)」、第35話「盗まれた怪獣収容星(後編)」に登場。

  • 身長:205センチメートル
  • 体重:220キログラム

宇宙怪獣 ジナリオ 編集

第34話「盗まれた怪獣収容星(前編)」、第35話「盗まれた怪獣収容星(後編)」に登場。

  • 身長:113メートル
  • 体重:10万9千トン

宇宙怪獣 グロテング 編集

第34話「盗まれた怪獣収容星(前編)」、第35話「盗まれた怪獣収容星(後編)」に登場。

  • 身長:84メートル
  • 体重:9万4千トン

宇宙怪獣 プラズーン 編集

第34話「盗まれた怪獣収容星(前編)」、第35話「盗まれた怪獣収容星(後編)」に登場。

  • 身長:126メートル
  • 体重:14万6千トン

宇宙怪獣 アクジョン 編集

第34話「盗まれた怪獣収容星(前編)」、第35話「盗まれた怪獣収容星(後編)」に登場。

  • 身長:99メートル
  • 体重:8万8千トン

白鳥座82番星人 ノア 編集

第36話「宇宙から来た雪女」に登場。ある目的のために、ウルトラマンを探しに地球を訪れた。狼のような生物を連れている。

  • 声:岡本茉利
  • 身長:163センチメートル
  • 体重:48キログラム

氷結怪獣 ダランチュラス 編集

第36話「宇宙から来た雪女」に登場。翼の生えた巨大蜘蛛怪獣。実験用のクモ「ダランチュラス」が放射線「フリーザーG」を浴びて怪獣化した。口から冷凍エネルギーを吐き出す。白鳥座82番星人ノアを追って地球に飛来した。

  • 身長:139メートル
  • 体重:10万2千トン

ヘラー 編集

第37話「ウルトラの星U40の危機ウルトリアの謎?」から第50話「ウルトラの星へ!! 完結編 平和への勝利」に登場。

ザ☆ウルトラマンの項目を参照。

ロイガー 編集

第37話「ウルトラの星U40の危機ウルトリアの謎?」から第48話「ウルトラの星へ!! 第2部 前線基地撃滅」に登場。

ザ☆ウルトラマンの項目を参照。

ヘラー軍兵士 編集

第37話「ウルトラの星U40の危機ウルトリアの謎?」他に登場。

  • 身長:2メートル
  • 体重:130キログラム

カプセル怪獣 グモンス 編集

第37話「ウルトラの星U40の危機ウルトリアの謎?」、第38話「ウルトラ大戦争!! 巨大戦闘艦ウルトリア出撃」に登場。地球圏に来たヘラー艦隊がつれてきた、蜘蛛に似た戦闘用の怪獣。古代のU40人の遺産「ウルトリア」の捜索に来たアミアの飛行艇が南極へ向かっている事を知ったロイガーにより、先回りする形で静止軌道上からカプセルに乗せられて降下し、南極基地を破壊する。ジョーニアスとの戦闘中に巨大戦闘艦ウルトリアが地底から出現し、アミアによってその半陽子ビームで貫かれて、絶命する。

  • カプセル怪獣の別名を持つが、後のカペラドンと共に降下カプセルで地球へ送り込まれた怪獣であり、ウルトラセブンのカプセル怪獣とは異なる。
  • 身長:98メートル
  • 体重:7万9千トン

巨大怪猫 ヘルキャット 編集

第39話「ねらわれた巨大戦闘艦ウルトリア」に登場。数年前に消息を絶った宇宙船の唯一の生存者の猫に化けていたヘラー軍団の刺客怪獣。人間の生命エネルギーを吸収しミイラ化させることも出来、宇宙船を壊滅させた犯人でもあった。ピグによってウルトリアに連れて来られたが、ライオン程度に巨大化し、等身大のジョーニアスに一室に追い込まれ、閉鎖空間で戦うもかなり苦戦させられる、武器は鋭くて長いツメ。ピグとウルックが戦いのすぐ横で仕掛けた爆弾で隔壁を破壊され、ジョーニアスともども宇宙へほおりだされるも、ジョーニアスは太陽エネルギーを浴びて、回復、巨大化し、あわせるかのように88mに巨大化するも、ウルトラマンの敵ではなく、あっさりと倒される。

  • 身長:23センチメートル~88メートル
  • 体重:1280グラム~6万8千トン

オペルニクス星人 フェデリコ 編集

第40話「怪獣を連れた少年」に登場。

  • 声:栗葉子
  • 身長:126センチメートル
  • 体重:28キログラム

ペット怪獣 オロラーン 編集

第40話「怪獣を連れた少年」に登場。オペルニクス星人フェデリコのペットで、フェデリコの命令にのみ従う。ヘラー軍団ロイガーに騙されたフェデリコが地球に連れて来た。口から冷凍ガスを吐き出し、円盤形態(球体)に変形し飛行する能力も持つ。

  • 体長:103メートル
  • 体重:10万3千トン

改造オロラーン 編集

第40話「怪獣を連れた少年」に登場。ヘラー軍団によって後頭部に機械が埋め込まれ凶暴化し、フェデリコの命令には従わなくなってしまった。外見も大きく変化し1対の長大な牙と鋭い爪が生え出し、全身には角を持つ。

  • 身長:107メートル
  • 体重:11万2千トン

宇宙兵士 ギロ星人 編集

第41話「激突!! ウルトラマン対ウルトラマン」に登場。

  • 身長:218センチメートル
  • 体重:209キログラム

にせウルトラマンジョーニアス 編集

第41話「激突!! ウルトラマン対ウルトラマン」に登場。

  • 身長:70メートル
  • 体重:5万5千トン

回転怪獣 ギロス 編集

第41話「激突!! ウルトラマン対ウルトラマン」に登場。

  • 身長:82メートル
  • 体重:9万9千トン

宇宙ハンター ハタリ 編集

第42話「ウルトラマン生けどり作戦」に登場。宇宙戦艦の船長で、宇宙の方々で様々な生物をハンティングしている。ロイガーに唆されて、ウルトラマンを捕獲にやってきた。

  • 声:相模太郎
  • 身長:123センチメートル
  • 体重:43キログラム

ドストニー 編集

ドストニー1号 編集

第43話「怪獣になったモンキ!?」に登場。

  • 身長:104メートル
  • 体重:8万2千トン

ドストニー2号 編集

第43話「怪獣になったモンキ!?」に登場。

  • 身長:92メートル
  • 体重:7万6千トン

モンキ・ドストニー 編集

第43話「怪獣になったモンキ!?」に登場。電送装置の事故でモンキとドストニー1号が合体した怪獣。性格および思考はモンキそのものである。

  • 身長:104メートル
  • 体重:8万2千トン

電送怪獣 ネオドストニー 編集

第43話「怪獣になったモンキ!?」に登場。電送装置によって、ドストニー1号とドストニー2号が合体した怪獣。それぞれの固体よりもパワーアップしている。

  • 身長:108メートル
  • 体重:12万2千トン

宇宙魔軍 サイエン星人 編集

第44話「ウルトリアがふたつに割れた!?」に登場。ヘラー軍団の配下の異星人。宇宙空間の巨大な隕石円盤サイエンダーから、降下カプセルで地球へ複数のカペラドンを送り込んだ。最後はジョーニアスにサイエンダーを破壊され、爆死した。

  • 身長:149センチメートル
  • 体重:59キログラム

隕石円盤サイエンダー 編集

第44話「ウルトリアがふたつに割れた!?」に登場。サイエン星人に建造された隕石を改造した円盤であるが、規模としてはむしろ宇宙基地というほど巨大なもので、内部にヘラー艦を多数要しており、危機の際の防衛に円盤怪獣スペーダーを出動させる。カペラドンを降下させた本拠地でもある。科学警備隊のウルトリアに攻撃され、最後、ジョーニアスとウルトリアに破壊される。

円盤怪獣 スペーダー 編集

第44話「ウルトリアがふたつに割れた!?」に登場。科学警備隊のウルトリアによる隕石円盤サイエンダー攻撃の際に、防衛の為に出動したタツノオトシゴのような姿の宇宙怪獣。脚部はなく完全に宇宙空間のみに適応しているとみられる。

  • 身長:124メートル
  • 体重:8万7千トン

カプセル怪獣 カペラドン 編集

第44話「ウルトリアがふたつに割れた!?」に登場。サイエン星人の手により地球へ送り込まれた、カプセルから出現した牛のような角を有する宇宙怪獣。最初の降下で9体が世界各地に降下し地球防衛軍に殲滅されるが、二度目に送り込まれたカプセルは本拠地(隕石円盤サイエンダー)を叩く為に宇宙へ出動した、科学警備隊のウルトリアに地球へ降下する前に1体を除いて壊滅させられ、地球へ降下した1体も分離していたウルトリアβが地球(アメリカ)まで追撃し、乗っていたヒカリがジョーニアスに変身して倒した。

  • 身長:92メートル
  • 体重:6万4千トン

アンドロイド201部隊 編集

第45話「爆弾を抱いたピグ」に登場。地球防衛軍極東ゾーン所属の201部隊の隊員に瓜二つの外見を持つアンドロイド部隊。本物の201部隊員とそっくり入れ替わり、極東ゾーン本部基地と宇宙戦艦ウルトリアの爆破を企てた。

積雲怪獣 ゴルディング 編集

第45話「爆弾を抱いたピグ」に登場。

  • 身長:127メートル
  • 体重:11万2千トン

メカ怪獣 ゲドン 編集

第46話「よみがえれムツミ」に登場。

  • 身長:100メートル
  • 体重:15万トン

合成獣 ヘラ・ウマーヤ 編集

第48話「ウルトラの星へ!! 第2部 前線基地撃滅」に登場。

  • 身長:133メートル
  • 体重:14万6千トン

ヘラーのペット パンサー 編集

第49話「ウルトラの星へ!! 第3部 U艦隊大激戦」、第50話「ウルトラの星へ!! 完結編 平和への勝利」に登場。

  • 身長:220センチメートル
  • 体重:87キログラム

処刑怪獣 マクダター 編集

第50話「ウルトラの星へ!! 完結編 平和への勝利」に登場。

  • 身長:153メートル
  • 体重:13万9千トン

ヘラー軍団の処刑用に飼われている獰猛な怪獣。肉が好物で、ゴリラ程度の知能はあるが、短気で一度怒ると、見境なく何でも破壊してしまう。両手のツメが最大の武器で、怪力にモノをいわせて何でも切り裂く。また長い尻尾も強力な武器になる。ウルトラマンジョーニアスロトエレクの3人の連係攻撃を喰らい、合体光線技で倒された。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はザ☆ウルトラマンの登場怪獣にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。