FANDOM


サラマンドラは、特撮テレビ番組『ウルトラマン80』、『ウルトラマンメビウス』、『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場した架空の怪獣。別名:再生怪獣。

『ウルトラマン80』に登場したサラマンドラ 編集

第13話「必殺! フォーメーション・ヤマト」に登場。

  • 身長:60メートル
  • 体重:4万トン

地球侵略を狙うゴルゴン星人の手によって操られている宇宙怪獣。ミクロ化したゴルゴン星人達が、この怪獣の細胞と一体化している。一度はUGMの手によって倒されるものの、その後ゴルゴン星人達に細胞一片から再生させられた。武器は上顎からのロケット弾。口から摂氏1300度の火炎を吐き、頭や皮膚の固さは350度数。ただし、喉は例外でここが弱点になっている。最期は二度と再生できないように、ウルトラアイスポットで弱点の喉から焼却されて消滅した。

『ウルトラマンメビウス』に登場したサラマンドラ 編集

第17話「誓いのフォーメーション」に登場。

  • 体長:60メートル
  • 体重:4万トン

『ウルトラマン80』に登場したサラマンドラの別個体。GUYSのドキュメントUGMにデータが記録されている。過去の個体はゴルゴン星人の地球侵略の尖兵として現れたが、今回の個体はその際に地球に運び込まれてリザーブされていたものと思われる(劇中では説明されていない)。口から放つ推定1300度の高熱火炎弾、過去の個体よりも強度が増してメビュームシュートにも耐える表皮など強力な能力を有するが、最大の武器は細胞片からでも再生可能な生命力。バラバラになる瞬間に喉の再生器官から再生を促す酵素を分泌してそれを可能にしているが、同時にその喉が弱点でもある。1度はヒカリのナイトビームブレードで倒されるもその再生能力で復活してGUYSの飛行メカ3機を相手に善戦するが、UGMが編み出したフォーメーション・ヤマトで喉の再生器官を潰され、メビウスのメビュームシュートとヒカリのナイトシュートを浴びて絶命した。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場したサラマンドラ 編集

第10話「予期せぬ再会」に登場。

  • 体長:60メートル
  • 体重:4万トン

ノーバルナチクスとともに、グランケープ補給基地に着陸しようとしたペンドラゴンを襲った。その後、ゴモラと死闘を繰り広げるが、突如出現したブラックキングジョー(円盤形態)のペダニウムランチャーをうけて倒された。

  • 着ぐるみは『ウルトラマンメビウス』で使用された物の流用。
  • オープニングではエレキングと対決している。

その他 編集

  • テレビマガジン版『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』にも登場。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はサラマンドラ (ウルトラ怪獣)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。