Fandom


ゴーロン星人(ゴーロンせいじん)は、特撮テレビ番組『ウルトラセブン』、『ウルトラファイト』、『レッドマン』に登場する、架空の宇宙人。別名「宇宙猿人」。

『ウルトラセブン』に登場したゴーロン星人 編集

第44話「恐怖の超猿人」に登場。

  • 身長:35メートル
  • 体重:8千トン

モンキーセンターで飼育されているゴールデンライオンタマリンに化け、そこで働く真山博士と助手を操っていた。ゴーロン星の医学はかなり発達しており、飼育係を脳波交換装置により身体は人間、脳はサルの猿人間(ゴリー)にした。人類を全て猿人間化して地球を征服しようとしたがダン隊員に見抜かれて巨大化した。目から相手の脳波を狂わせる怪光線を発射する。かなりの怪力の持ち主で、また、一時的に自分の姿を消して敵の目をくらませることもできる。セブンの手裏剣光線の連打を避け続けて疲れきったところへエメリウム光線を受けて倒された。

  • 声の出演:矢田耕司
  • スーツアクター:鈴木邦夫

猿人 ゴリー 編集

第44話「恐怖の超猿人」に登場。

  • 身長:2メートル
  • 体重:70キログラム

ゴーロン星人の脳波交換装置により飼育員が変貌した姿。通常は普通の人間だが、激しく興奮すると猿人に変身する。かなりの怪力だが知能は猿なので言葉は話せない。夜中に街へ鶏を盗みに行き、警官2人に見つかり逮捕されるが、変身してかけられた手錠を切断して警棒も折り、怪力で警官達の頚骨を砕いて殺害した。アンヌ隊員を気に入ったらしく、アンヌが警備隊に戻れないようポインターを故障させた。その後もアンヌを付け回し、味方である筈の真山博士と助手の実験を妨害し、アンヌを救出して連れ去ろうとした。ダンの投げた工具により撃退されるものの、河を辿って逃げるアンヌを船頭に変装して待ち伏せする等、諦めなかった。ウルトラ警備隊がアンヌと合流したため変身して戦おうとしたが、岩を持ち上げたところをフルハシ隊員のウルトラガンで撃たれて倒された。

  • 演:滝恵一

『ウルトラファイト』に登場したゴーロン 編集

新撮部分、第152話「赤い抱擁」、第155話「やらずのウー」、第157話「山師ゴーロン」、第158話「握手は終った」、第161話「荒原の墓場」、第163話「荒野の雄叫び」、 第164話「殺法破れ傘」、第165話「早過ぎた葬送曲」、第166話「炎も凍れ!」、第167話 「宇宙乱れ打ち」、第168話「銀嶺のデスマッチ」に登場。

宇宙の山師と異名を取り、掘り出し物に目がない。実は仏教徒で、共闘したイカルスと倒したセブンを葬送するのに合掌するか十字を切るかで揉めたあげく、息を吹き返したセブンにイカルス共々倒された。キーラとは旧知の間柄だが、その関係はもろいものだった。

  • 『ウルトラファイト』では異星人も怪獣扱いのため、単に「ゴーロン」と呼ばれた。
  • スーツはアトラクション用に制作された、本編とは別の着ぐるみ。

『レッドマン』に登場したゴーロン星人 編集

第14話、第17話に登場。

第14話ではペギラと共にレッドナイフでレッドマンに倒され、第17話ではレッドフォールでレッドマンに倒された。

  • 着ぐるみは、『ウルトラファイト』に登場したゴーロンを流用。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はゴーロン星人にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。