FANDOM


ゴース星人(ゴースせいじん)は、特撮テレビ番組『ウルトラセブン』、『ウルトラマンボーイのウルころ』に登場する、架空の宇宙人。別名「幽霊怪人」。

『ウルトラセブン』に登場したゴース星人 編集

第48話「史上最大の侵略(前編)」、第49話「史上最大の侵略(後編)」に登場。

  • 身長:2メートル
  • 体重:70キログラム

極めて高度な文明を誇るゴース星から来た。その顔立ちから幽霊怪人と呼ばれていて、ゴース星も普通では観測できないことから幽霊惑星と呼ばれている。地球侵略のために熊が岳の地下に基地を作り、パンドンを操った。ゴースバルーンで敵を包みこんで身動きをとれなくする。地球人の言語を話すことは出来ず、地球防衛軍に降伏を要求してきた際には、拉致したアマギ隊員を使った。地球に来たゴース星人の構成は司令官(怒りっぽい性格)、側近4人、部下、その他多数となっており、最終的にはウルトラ警備隊が自動操縦で送り込んだ時限爆弾搭載のマグマライザーによって基地を急襲・破壊され、全員死亡したものと思われる。

地球人の海と空の守りは堅いものの地底からの攻撃には何の備えを持っていないことを利用し、超強力な地底ミサイル150発を使って全世界の首都を破壊する人類抹殺計画「30億人皆殺し計画」を実行しようとした。パリモスクワなどに壊滅的な被害を与え、これをもって地球防衛軍に降伏を要求した。ゴース星人が拠点とした地下基地には、円盤消火セクション、円盤基地、モンスター改造室(パンドンを改造した)、地底ミサイル格納庫などの施設がある。ゴース星人自身は戦闘能力を持たないため、シャドー星人やテペト星人と同様に集団で活動し、用心棒としてパンドンを操っている。

  • スーツアクター:池島美樹
  • 甲高いその言語は、出演者の吹き込んだ声を早送り再生して作ったもので、スロー再生すると「親分、殴りこみです。一体どうしましょう」「何? 殴り込みだと?」と言っているのが聞こえる。
  • 着ぐるみは『戦え!マイティジャック』第16話「来訪者を守り抜け」に登場するモノロン星人に流用された。
  • 最終話の決戦用にゴース星人変身体もデザインされたが、着ぐるみを新規に造る余裕がなかったためNGとなり、改造パンドンに変更された。

『ウルトラマンボーイのウルころ』に登場したゴース星人 編集

『ウルトラマンボーイのウルころ』の新撮にたびたび登場。

  • 第152話「熱血指導だ!エイティ先生の巻」、第153話「これがウルトラスピリッツだ! の巻」に登場。ヒロシという名のウルトラマン80の生徒で、番長または兄貴と呼ばれるサタンビゾーの子分。
  • 第225話「開幕! ウルトラオリンピックの巻」ではゾフィーケットル星人の乱闘を実況した。
  • 第259話「発表! 夢のバトル・ベスト3の巻」ではナレーターを演じた。

『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』に登場したゴース星人 編集

てれびくん版『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』に登場。

L・P372星雲にてパンドンを操り、タロウやエースと対決していた。

『ウルトラマンライブステージ2・宇宙恐竜最強進化!』に登場したゴース星人 編集

舞台作品『ウルトラマンライブステージ2・宇宙恐竜最強進化!』に登場

『セブン』最終回にて基地の爆発に巻き込まれて死亡したゴース星人の一人。ゾフィーにある卵を与えられ、「その卵から孵った子供を育てる」という条件で生き返らせてもらう。そして卵から孵ったゼットン星人の子供を巡って大事件が起きることになる…。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はゴース星人にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。