Fandom


ゴーストロン特撮テレビ番組『帰ってきたウルトラマン』、『レッドマン』、テレビアニメ『ザ☆ウルトラマン』に登場した架空の怪獣である。


『帰ってきたウルトラマン』に登場したゴーストロン 編集

『帰ってきたウルトラマン』第8話「怪獣時限爆弾」に登場。

  • 別名:爆弾怪獣
  • 身長:40メートル
  • 体重:2万トン

通常は地中で生活している怪獣で動きは鈍く、目も20メートル程度しか見えないが音に反応すると通常より動きが速くなる。武器は口から放つ火炎弾。

地上に現れていたところを MAT のパトロール機に発見され、郷隊員操縦のマットアロー2号が発射した岸田隊員発明の新型ロケット弾「X弾」が尾に被弾するが、発射の際に誤って時限装置がセットされてしまいそのまま地中へ逃亡する。タイムリミットは10時間後と判明。その後、東京都心へ向かう動きを一時みせたが、方向を変えて日々化学のダイナマイト工場が存在する青木高原へ向かった際に偵察中のマットジャイロの飛行音と工場のサイレンに反応、そのまま工場のそばに居座って眠り込んでしまった。やがて怪獣が音には敏感に反応する事を見破った郷隊員がマットジープに装備したサイレンを使って工場から引き離す事に一時成功したが、またしても工場のサイレンに反応、元の位置へ戻ってしまう。このため郷隊員はウルトラマンに変身するがX弾を抱えて尚且つ工場に隣接していたため光線技は使用できず、一旦地中へ潜ってそこから持ち上げられ空の彼方に持って行かれて宇宙でタイムリミットを迎え爆死した。X弾によるものであれば「MATが退治した怪獣の第1号」という解釈も出来よう。

『ザ☆ウルトラマン』に登場したゴーストロン 編集

『ザ☆ウルトラマン』第27話「怪獣島浮上!!」に登場。

  • 別名:爆弾怪獣
  • 身長:55メートル
  • 体重:4万4千トン

怪獣墓場で眠っていた個体を、バラドン星人により蘇生した上でアーストロンレッドキングゴキネズラアボラスバニラと共に怪獣島に収容されて地球へ送りこまれた。兄アーストロンと共に出現するが、ゴキネズラが出現し戦ううちにいつの間にかアーストロンの腕を齧る事態になる。『帰ってきたウルトラマン』に登場した時とは違い口から輪のような光線を吐くが、レッドキングの光線で倒されてしまった。そのためジョーニアスとは戦わなかった。

『レッドマン』に登場したゴーストロン 編集

『レッドマン』第27話、第28話、第57話、第80話、第84話、第88話、第90話、第92話、第93話に登場。

  • 第27話:単身レッドマンと戦うが、レッドアローで倒された。
  • 第28話:サドラを倒した後、レッドマンと戦うが、ニードロップでで倒された。
  • 第57話:ペギラとともにレッドマンと戦うが、レッドフォールで倒された。
  • 第80話:ペギラとともにレッドマンと戦うが、レッドキックで倒された。
  • 第84話:単身レッドマンと戦うが、レッドキックで倒された。
  • 第88話:単身レッドマンと戦うが、レッドフォールで倒された。
  • 第90話:ササヒラーとともにレッドマンと戦うが、レッドナイフを頭に刺されて倒された。
  • 第92話:ペギラとともにレッドマンと戦うが、レッドアローで倒された。
  • 第93話:ペギラ、ササヒラーとともにレッドマンと戦うが、レッドキックで倒された。

スーツは撮影に使用した物をリペイント。

余談 編集

  • ウルトラマン80」29話において渓谷怪獣キャッシーがゴーストロンに似ていた為、UGMではその生態を元に対策が立てられた。

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はゴーストロンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。