FANDOM


ゴルザとは、特撮テレビ番組『ウルトラマンティガ』および『ウルトラマンダイナ』、『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場した架空の怪獣の名前である。別名:超古代怪獣。

『ウルトラマンティガ』に登場したゴルザ 編集

  • 身長:62メートル
  • 体重:6万8000トン
  • 能力:額からの光線

特撮テレビ番組『ウルトラマンティガ』第1話「光を継ぐもの」(1996年9月7日放送)に登場。

別名に「超古代怪獣」とあるように太古の昔から地中で生きてきた怪獣である。ユザレ曰く「大地を揺るがす怪獣」。モンゴル平原の地中から突如その姿を現し、パトロール中だった GUTS の隊員たちを驚かせた。その後秋田県北部に出現し、ティガのピラミッドに向かって進行した。そして、ティガのピラミッドに到達すると、古代竜メルバと合流し、額から出す特殊光線によってピラミッドの外壁を消し去ってしまった。さらにピラミッド内にあった3体の巨人の像を破壊していったが、その中の1体の像(ティガ)が GUTS のダイゴ隊員と融合して復活した。驚いたゴルザとメルバは協力してティガと戦うが、ティガのパワータイプのウルトラバックブリーカーとウルトラりフターの連続攻撃の力に圧倒されたゴルザは地中に逃げてしまった。

2回目 編集

  • 名前:ゴルザ(強化)
  • 身長:62メートル
  • 体重:7万トン

特撮テレビ番組『ウルトラマンティガ』第18話「ゴルザの逆襲」(1997年1月11日放送)に登場。

以前ティガから逃げて地中に逃れたゴルザが霧門岳の地下でマグマを吸収し、体を強化した姿。以前の個体との違いは胸部にマグマを吸収したせいで出来たと思われる奇怪な赤色の紋章が浮き出ているところである。霧門岳の地下で反撃の機会を待って眠っていたが、GUTSの新兵器「モンスターキャッチャー」を体に打ち込まれて目を覚まし、活動を再開。さらにドリルビームを受けて地上に現れた(この時、当時一般隊員だった後のスーパーGUTS隊長のヒビキの同僚を殺害している)。GUTSの兵器でも歯が立たない強固な体を持ち、額からは超高熱の熱線を出す。ティガの攻撃にもびくともせず、パワータイプのデラシウム光流も耐え忍ぶ強敵振りを見せたが、さすがにティガの連続攻撃とゼペリオン光線には耐えられなかった。そしてティガはゴルザが二度と復活しないよう、噴火する霧門岳の火口にその亡骸を投げ入れた。

ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』に登場したゴルザ 編集

  • 身長、体重:初代と同じ

3000万年前の地球の場面で複数登場。当時の地球文明を破壊し、光の巨人らと戦いを繰り広げた事が語られている。

『ウルトラマンダイナ』に登場したゴルザ 編集

  • 名前:ゴルザⅡ
  • 身長:62メートル
  • 体重:7万トン
  • 能力:口から出す強力熱線、光線吸収

特撮テレビ番組『ウルトラマンダイナ』第43話「あしなが隊長」(1998年7月4日放送)に登場。

ティガと2度にわたって激戦を繰り広げたゴルザの同族で、前回現れたゴルザの亡骸が沈んだ霧門岳から出現した(復活した理由は不明だが、スフィアとの関連も示唆されている)。顔が小さめになり、デザインが従来のものとかなり変わっている。スーパーGUTSの攻撃ではびくともせず、ダイナをもその強力なパワーと熱線によって追い込む。強固な体でダイナの放ったソルジェント光線を吸収し火炎と混ぜて口から吐き出すという離れ技も見せたが、攻撃を見切ったダイナの強烈なチョップ(初代ウルトラマンのウルトラかすみ切りと同様の技)を腹部に受け、同じところにもう一度ソルジェント光線(通常のソルジェント光線とは違いエフェクトがスペシウム光線に酷似)を浴びて絶命、死体は爆発せずにそのまま残された。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場したゴルザ 編集

特撮テレビ番組『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第2話「五人目のクルー」に登場。

  • 身長:62メートル
  • 体重:6万8000トン

テレスドンと組んでゴモラと戦うが、リトラの攻撃に連携を崩されてしまう。テレスドンが倒された後もゴモラに立ち向かうが、飛び蹴りを受けて苦しんでいるところに超振動波を受けて倒された。オープニングではベロクロンと戦っている。

超古代怪獣 ファイヤーゴルザ 編集

特撮テレビ番組『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第5話「ベラルゴシティの罠」に登場。

  • 身長:62メートル
  • 体重:7万トン

ファイヤーマグマエネルギーを蓄えて、戦闘力が格段にアップしたゴルザ。ケイトが操る怪獣で、外見はゴルザ(強化)とそっくりである。その強じんな皮膚は、ゴモラの超振動波攻撃にも耐えうるだけでなく、頭部からの強化超音波光線でゴモラを苦戦させるも、ゴモラの必死の攻撃で破られ、ケイトが操るガンQによって処刑された。


関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はゴルザにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。