Fandom


グドンとは、円谷プロダクションが製作したテレビ番組帰ってきたウルトラマン』および『ファイヤーマン』、『レッドマン』、『ウルトラマンメビウス』、『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場した架空の怪獣。別名「地底怪獣」。

特徴 編集

それまで進化途上の角竜のようなアギラや、ディメトロドンの背鰭とトリケラトプスの3本角を細い身体に付したキングザウルス三世など、古生物を題材に実在感のあるデザインを世に送り出した池谷仙克によるデザインだが、あまりリアリティを重視せず、全身が刺々しく、手が鞭のようになっており、赤い眼を持つ造形である。劇中では「三綺竜」という架空の分類単位に属するとされ、池谷のデッサン画が図鑑の1ページとして出ている。なお、池谷は同じ回にツインテールが出ると知らされずにそちらにも鞭を配してデザインし、後に狼狽したとの談がある。

『ウルトラマンメビウス』登場時に、特徴的な鞭状に進化した両腕は「振動触腕」と命名された。

『帰ってきたウルトラマン』に登場したグドン 編集

特撮テレビ番組『帰ってきたウルトラマン』第5話「二大怪獣東京を襲撃」、第6話「決戦! 怪獣対マット」に登場。

  • 身長:50メートル
  • 体重:2万5千トン

中生代・ジュラ紀に棲息していたとされる古代生物の一種で、同時代に存在していた怪獣ツインテールを常食としているとされる。劇中では奥多摩の第2砕石場より出現した。怪力の持ち主で、両腕は長いムチ状になっていて、皮膚は MAT のMN爆弾も通用しないほど頑丈である。ツインテールとの共闘の末にウルトラマンを一度は倒し、その激戦の爪痕として東京を壊滅状態に陥れた。だが、2回戦では失明したツインテールにしっぽを噛まれて逆上し噛み殺した(よく誤解されることだが、劇中グドンはツインテールを殺しただけであり、食べてはいない。『ウルトラマンメビウス』でも劇中同様の誤りがあった)。1対1になった後は、スペシウム光線で倒された。

造形は高山良策で、頭部を抜く型は後にシルバー仮面に登場したワイリー星人の造形にも使用されている。

『ファイヤーマン』に登場したグドン 編集

特撮テレビ番組『ファイヤーマン』第9話「深海からの挑戦」に登場。

老化した (?) 個体が日本近海に生息していたが、血で染まった海面下で肉食剣竜ネロギラスに力で抗えず、投げ飛ばされた後、表皮を剥がされて捕食され、その後そのズタズタになった死体が海上で発見された(ネロギラスはその前に未知のロドグロスとステゴラスを捕食、その死体が登場した)。ファイヤーマンと戦うことはなかった。

『レッドマン』に登場したグドン 編集

特撮テレビ番組『レッドマン』第94話、第95話、第95話、第97話、第98話、第101話

  • 第94話:レッドキラーが倒されたと同時に登場。
  • 第95話:レッドキックで倒された次の瞬間、ゴモラが登場。
  • 第97話:コダイゴンが倒されたと同時に、ドラキュラスとともに登場。
  • 第98話:ドラキュラスとともに倒された次の瞬間、レッドキラー、ゴモラが2体同時に登場。
  • 第101話:ペギラとともにレッドマンと戦うが、2体別々に倒された。
  • 第103話:ジラースとともにレッドマンと戦うが、2体別々に倒された。
  • 第105話:ゴキネズラとともにレッドマンと戦うが、2体別々に倒された。
  • 第106話:ペギラとともにレッドマンと戦うが、2体別々に倒された。
  • 第107話:ジラース、ペギラ、レッドキラーとともにレッドマンと戦うが、4体同時に倒された。
  • 第108話:ザゴラスとともにレッドマンと戦うが、2体別々に倒された。
  • 第110話:ジラースとともにレッドマンと戦うが、2体別々に倒された。
  • 第111話:シュガロンとともにレッドマンと戦うが、2体同時に倒された。
  • 第112話:シュガロン、サドラとともにレッドマンと戦うが、3体別々に倒された。
  • 第113話:ザゴラスとともにレッドマンと戦うが、2体別々に倒された。
  • 第115話:単独でレッドマンと戦うが、レッドフォールで倒された。
  • 第117話:ザゴラス、サドラとともにレッドマンと戦うが、3体別々に倒された。
  • 第118話:ザゴラス、イカルス星人、サドラとともにレッドマンと戦うが、4体同時に倒された。
  • 第119話:サドラ、シュガロン、イカルス星人、ザゴラスとともにレッドマンと戦うが、5体同時に倒された。
  • 第136話:ビーコンとともにレッドマンと戦うが、2体同時にレッドナイフで倒された。
  • 第137話:シュガロンとともにレッドマンと戦うが、2体別々に倒された。

『ウルトラマンメビウス』に登場したグドン 編集

特撮テレビ番組『ウルトラマンメビウス』第2話「俺達の翼」、第9話「復讐の鎧」、第27話「激闘の覇者」に登場。

  • 身長:50メートル
  • 体重:2万5千トン

34年前に東京を襲ったグドン(『帰ってきたウルトラマン』に登場したもの)の別個体。ドキュメント MAT に記録が残っている。形状は以前のグドンと同じ。夕闇迫る工事現場に出現し、両腕のムチ状の振動触腕(「振動触腕エクスカベーダー」と呼ばれる)で GUYS やメビウスを苦しめる。 GUYS の攻撃で右腕のムチを失いながらもメビウスと互角以上に渡り合うが、メビュームブレードの一撃を受けて爆発四散した。

第9話では、山中でボガールに呼び寄せられた個体が、同じく呼び出されたツインテールと交戦。しかしボガールが巨大化すると、抵抗を試みたが、結局はツインテールに先立って捕食された。

第27話では GUYS によって作られたプロトマケット怪獣として登場。仮想戦場でゼットンと対戦するが、臨戦態勢に入る前にゼットンの火球を食らって敗れた。なお、マケット怪獣化は地底怪獣であるため、活動制限時間の1分間を地中で潰されては意味がないということで却下された。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場したグドン 編集

特撮テレビ番組『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第3話「透明怪獣襲撃!」に登場。

  • 身長:50メートル
  • 体重:2万5千トン

惑星ボリスの発電基地を餌場にしていたネロンガと戦い、鞭で優勢に立つが透明化で惑わされて電撃を受け、倒された。

  • 着ぐるみは『ウルトラマンメビウス』で使用された物の流用。


関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はグドンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。