FANDOM


テンプレート:半保護 ガラモンは、特撮テレビ番組ウルトラQ』を始めとするウルトラシリーズに登場した怪獣。別名「隕石怪獣」。

「ガラモン」は「ガラダマモンスター」の略。


注意:以降の記述には物語・作品・登場人物に関するネタバレが含まれます。免責事項もお読みください。


『ウルトラQ』のガラモン編集

ウルトラQ』第13話「ガラダマ」、第16話「ガラモンの逆襲」に登場。

宇宙怪人セミ人間によって造られたロボット怪獣電子頭脳からの電波で操られて破壊行為を行なう。

  • 体長:40メートル
  • 体重:6万トン

「ガラダマ」に登場したガラモン 編集

弓ヶ谷に、地球上には存在しない合金チルソナイトで出来た小型の隕石が落下する。やがて隕石からは謎の電波(劇中では「極超短波」)が発信され始め、太陽では黒点とは関係のないデリンジャー現象が起き、間もなく弓ヶ谷のダム湖に巨大隕石が落下し、そこからガラモンが現れる。巨大隕石は、遊星人が地球侵略のためにガラモンを送り込むカプセルで、先の隕石は遊星人に代わってガラモンに指令を与える電子頭脳だったのだ。電子頭脳は地球人の技術による解体は不可能だったが、由利子の機転によりそこから発せられる電波を遮断することには成功した。熊谷ダムを破壊して東京に向かおうとしていたガラモンは、指令電波を遮断されるや、口から体液らしきものを垂らして活動を停止した。

弓ヶ谷地方では隕石のことをガラダマと呼んでおり、前述の「ガラダマモンスター」の名の由来となっている。

  • ガラモンの顔は特技監督の的場徹が SCORPION FISH(カサゴ)という魚(真正面から見た顔)から着想した。
  • 体中のヒレはスポンジで出来ている。このヒレ(アンテナ)で電子頭脳からの極超短波を指令として受け、コントロールされるという設定となっている。
  • クレジットや劇中の台詞は「モンスター」と表記されている。
  • 熊谷ダムは『ウルトラマンメビウス』にて名前が語られている。

「ガラモンの逆襲」に登場したガラモン 編集

続編として作られた「ガラモンの逆襲」では、中性的な男性に変身したセミ人間が前回の事件で保管されていた電子頭脳を盗み出した事で、複数のガラダマが地球へ呼び寄せられて出現した。うち2体以上が東京に出現(識別可能なのは別々のマーキングを施された2体と色が濃い機体)した。矢印様のマーキングが施された特大の機体は東京タワーを揺さぶり倒壊させた。遊星人が電子頭脳を持ったまま逃亡した為に、それを停止しない限り侵略活動が収まらない事態に陥ってしまい、最後は遊星人を追跡する万城目淳たちに電子頭脳が回収され、電波を遮断された為に複数のガラモンは一斉に機能を停止した。

ガラモンを操る隕石型の電子頭脳は、チルソナイトという未知の物質で作られており、地球の技術では破壊することができない事が劇中話で語られている。

  • 第16話では、オプチカルプリンターを使って1体しかないガラモンの着ぐるみを2体あるように見せている。また、劇中でガラモンを複数に見せる為、2種類のマーキングを胸に付け、個体を識別するため違うマークをシーンによって付け替えて撮影された(この方法は後にウルトラセブンユートムでも踏襲される)。撮影中に汚れ、塗装するうちに白い腹部も赤くなり、体色の濃い機体が結果的に出来てしまった模様。無論最終塗装である為、撮影後に展示した着ぐるみを撮影したカラー写真は体色が濃いタイプである(その前の状態は、東京タワー倒壊シーンのメイキング写真で確認できる)。
  • ガラモンの着ぐるみはかなり小さく作られており、背の低いスーツアクターが演じたが、これは弓ヶ谷のダム湖セットを相対的に大きく見せるための措置であった。その後着ぐるみは次回作『ウルトラマン』に登場した小型怪獣ピグモンに流用されたが、その際にスーツアクターが代わった事による改造で若干首が伸びている。

『レッドマン』に登場したガラモン 編集

レッドマン』第6・10・67・69・73・76・77・79話に登場。

『有言実行三姉妹シュシュトリアン』に登場したガラモン 編集

有言実行三姉妹シュシュトリアン』第40話「ウルトラマンに逢いたい」に登場。

隕石の影響で円谷プロ美術倉庫にあった怪獣の着ぐるみに魂が宿ったもの。

リメイク怪獣 編集

ガモラン
2001年の『ウルトラマンコスモス』第7話「空からのプレゼント」、第55話「最終テスト」の2編に登場。
ガラゴン
2004年の『ウルトラQ dark fantasy』第1話「踊るガラゴン」、第16話「ガラQの大逆襲」の2編に登場。
セミ人間の同種族であるセミ女に操られるなど、ガラモンの後継機種という設定になっている
  • 両者の初代との共通点はデザインの他に、異星人によって地球に送り込まれた存在で番組に2度登場し、そのうち最初の登場時は送り込んだ者の正体が不明だが、2回目には異星人自身も登場するという点が挙げられる。
  • また、ガモラン・ガラゴンの共通点としてピグモンの要素をもつ怪獣(ミーニンガラQ)が同時に登場している点がある。

その他 編集

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はガラモン (ウルトラ怪獣)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。