FANDOM


ウルトラマンティガ〜光の子供たちへ〜』(ウルトラマンティガ ひかりのこどもたちへ)は、プラネタリウム上映用に制作されたウルトラマンティガの映像作品。

ストーリー 編集

2300年、木星はゴミ捨て場として利用されたため環境破壊を引きおこし、木星を取り巻くスペースデブリ(宇宙ごみ)が怪獣デブリタウロス、デブリファルドとなる。

2019年、自分の名を呼ぶ不思議な少女の声を聞いたイクルは、光につつまれ、気がつくと少年の姿で、2300年の火星にいた。イクルは、火星を守るため、ウルトラマンティガとなり、怪獣デブリタウロス、デブリファルドに立ち向かってゆく。

外部リンク 編集

関連項目 編集

Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はウルトラマンティガ〜光の子供たちへ〜にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。