Fandom


ウルトラマンスンビランは、『ウルトラマンティガ』に登場する闇の巨人。

概要 編集

  • 身長:57メートル
  • 体重:5万2千トン
  • 飛行速度:マッハ7
  • スーツアクター:権藤俊輔

『ウルトラマンティガ』 編集

ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』にヒュドラとして登場。

ルルイエから復活した闇の巨人の一人。夢幻空間「ルマージョン」を作り出し、そこでティガトルネードと戦った。爬虫類のように冷酷な性格。俊敏な動きで相手を翻弄する。人間体でもその残忍な気質と素早さを誇る。また、スピードキックが上手い。攻撃を仕掛ける際は常に不気味なポーズを取ることがあり、体内には冷血な血が流れているともされている。得意技は飛行しながら敵に襲い掛かり、パンチやチョップを打ち込む奇襲戦法「空中殺法」、マッハ7で飛行しながらの急降下飛び蹴り「ジャノック」、右手首の武器「ドラフォーク」から放つ青い破壊光弾「バルテスター」。必殺技は右腕から放つ猛烈な突風「ヒューガスト」。1発目はイルマ隊長が引き起こした爆弾の爆発でルマージョンを破られてしまうと同時にその爆風で吹き飛ばされてしまい、失敗に終わる。それでも2発目でようやく繰り出したが、ヒューガストを光に変えて吸収したティガブラストのランバルト光弾で粉砕された。

『新世紀2003ウルトラマン伝説』 編集

雑誌設定では、M78星雲出身で、他の戦士と意見が分かれた事で地球に降り立ったとされている。

映画『新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE』では他の怪獣と共にウルトラマンキングの誕生日を祝福する。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。