FANDOM


Meros logo

アンドロメロス』は、雑誌グラビア連載、漫画、特撮テレビ番組などからなるメディアミックス作品、および、その主役のヒーローの名前。雑誌連載時の『ウルトラ兄弟物語アンドロメロス』および『ウルトラ超伝説アンドロ超戦士』をベースにした物語であるが、登場人物以外は別物である。特撮テレビ番組版は1983年(昭和58年)2月28日から4月29日まで毎週月曜日 - 金曜日17:45 - 17:55にTBS放送された。全45話。


注意:以降の記述には物語・作品・登場人物に関するネタバレが含まれます。免責事項もお読みください。


概要 編集

アンドロ警備隊のアンドロメロス、アンドロウルフ、アンドロマルス、アンドロフロルの4人の戦士と、グア軍団の戦いを描いた作品。

ウルトラマン80』の放映が終了した1981年に、小学館の児童雑誌「てれびくん」5月号で「ウルトラマンメロス」と紹介され、6月号から『ウルトラ兄弟物語アンドロメロス』として居村眞二の漫画『ウルトラ超伝説』とグラビアによる展開で連載された。漫画は2年目は『ウルトラ超伝説アンドロ超戦士』に改題されている。ただし、キャラクター以外設定、展開などは特撮オリジナルの展開になっているため原作とは異なっておりウルトラシリーズの外伝的な作品のため、ウルトラ怪獣百科等の関連雑誌には掲載されない事も多い。

当初は、ウルトラ兄弟の長兄ゾフィーがアンドロ族の戦士から譲り受けたコスモテクターを装着、その正体を隠す形で登場した。やがて宿敵ジュダとの一応の決着がついた時点でコスモテクターをウルフの手に委ね、ゾフィーとしての生活に戻った。その後は、アンドロ族の戦士ブノワが2代目アンドロメロスとしてアンドロ警備隊々長に就任し、引き続き宇宙の平和のために戦った。その際、初代メロスであるゾフィーから光の勲章ウルトラクロスと呼ばれる勲章を授かっている。

同様にウルトラセブンがコスモテクターを装着してアンドロウルフとなり、ウルトラマンがアンドロマルスとなったと当時の児童雑誌で紹介された。

本作に登場するグアは宇宙全体をも支配しうる巨大な存在で、モルド、ジュダ、ギナの3兄弟の親(実際は分身体)である。このうちジュダは、ウルトラマンタロウの成長を描く劇場用作品『ウルトラマン物語』にも出演。宇宙全体のひずみが生み出す悪の根源とされている。

このうち、居村眞二の『ウルトラ超伝説』は大都社より刊行された全2巻の単行本に纏められ、かたおか徹治の漫画も『ウルトラ兄弟物語』単行本(双葉社)第5巻に二作が収録された。いずれも現在は絶版となっている。

テレビシリーズ 編集

雑誌展開の好評を受けて1983年日本初のVTR方式での製作となる特撮テレビ番組として制作された。サブタイトルはなく第○話といった形で放送された。また本編の戦闘シーン中、いきなり明るいスタジオ内に場面転換し「ここでテレビのまえのキミだけに、アンドロ○○○のひみつをおしえちゃおう!」と、アンドロ警備隊たちのプロフィールを紹介するコーナーが挿入された。紹介が終わるとまた戦闘シーンに戻る。

VTR方式は画面の合成など特殊効果を行使する点で有利だった反面、従来から主流だったフィルム方式での製作と比べて描写がはっきりと出過ぎる画像が欠点である。そのため、フィルム的な雰囲気を出すためのデジタル画像処理が普及する1990年代末まで、VTR方式の特撮テレビ番組はあまり製作されなかった。なお同時期にVTR方式で制作されていた知名度の高い作品としては『タケちゃんマン』のオープニングが挙げられる。

TBSネットで放映されたが、関西地区、東海3県等、放映されなかった地域も多く。これらの地域では雑誌での展開に相反する「幻の番組」でもあった。

アンドロ超戦士 編集

アンドロメロス 編集

アンドロ警備隊の隊長。コスモテクターの色は緑。目の形は楕円形。

  • 身長:55メートル
  • 体重:5万5000トン
  • 飛行速度:マッハ15
  • キック力:5万トン以上
ダブルサーベル
腰のアンドロスポットから出現する宇宙ブーメラン。ウルトラセブンのアイスラッガーを2つ合体させたような形をしている。取っ手の部分を伸ばせば槍のダブルランサーになる。
アンドロビーム
額のアンドロスポットから放つ光線。熱線と磁力線に使い分けられる。アンドロ超戦士4人共通の技。4人で同時に発射し、凍りついたジュダを粉砕した。
コスモクロス
手の甲に装備されている十字手裏剣。フロル以外の3人の共通の武器。本編ではナレーションによる説明があっただけで、3人とも使用しなかった。
メロスワイパー
敵の攻撃を無力化する防御技。バゼリアの目くらまし技・バゼリア風を無効化した。
グランテクター
大昔、アンドロ族の科学者が開発し、地球の北極に隠した、伝説の最終兵器。宇宙最強のコスモテクターであり、装着者を何十倍にもパワーアップさせる。第40話でメロスが手に入れ、装備した。最終話でグアを倒した際、グアと共に燃え尽きた。
グレートスパークレイ
グランテクターを装備する事により、右腕から発射できるようになった、2本の光線。連続発射により、怪獣戦艦を破壊した。
ランサースパーク
グランテクターの力でパワーアップしたダブルランサーから放つ電撃光線。モルドにとどめをさした。
グランフリーズ
グランテクターを装備する事により、右手先から噴射できるようになった冷凍液。ジュダを凍らせた。
グランスパーク
あらゆる攻撃を跳ね返す、グランテクターから発するエネルギー波。グアとの最終決戦で、グアの攻撃を弾いた。
アンドロタイフーン
漫画作品で使用した技、腕をL字に組んで放つ竜巻状の光線。ウルフも使うことができる。
コスモスペシャル
漫画作品で使用した技、右腕を前に出して放つ光線。ウルフも使うことができる

アンドロウルフ 編集

コスモテクターの色は銀と赤。目の形は楕円形。漫画ではウルフ星人という設定で、ウルフがいるところにセブンが登場し周囲を驚かせるというエピソードがある。初登場時は敵の奇襲を受けて治療室送りという損な展開だった。

  • 身長:50メートル
  • 体重:4万8000トン
  • 飛行速度:マッハ15
  • キック力:5万トン以上。ウルフとマルスが同時に膝蹴りを決めると、10万トンの威力がある。
  • 肘打ちの威力:2万トン
スオードU
両肩に装着されているブーメラン。投げて使う場合は「Uブーメラン」と呼び、2つ同時に投げる場合は「ダブルU」と呼ぶ。
アンドロビーム
額のアンドロスポットから放つ光線。熱線と磁力線に使い分けられる。アンドロ超戦士4人共通の技。
コスモクロス
手の甲に装備されている十字手裏剣。フロル以外の3人の共通の武器。

アンドロマルス 編集

コスモテクターの色は橙。目の形は六角形。目の形がセブンを彷彿させたため、前述のセブン正体説が唱えられたとようである。他のコスモテクターよりも顔面部分のスモークが濃いためか、目の形は見えていなかった。

  • 身長:54メートル
  • 体重:5万4000トン
  • 飛行速度:マッハ15
  • キック力:5万トン以上
  • 腕力:他のアンドロ超戦士を相手に、1対3で綱引きをしても勝てるほどの怪力。
コスモバズーカ
拳を突き出して放つ必殺光線。左腕に組み込まれたエネルギーコントロールメカ・マルスSPでパワーを制御している。ダクミランとメカバルタンを倒した。強化版のスペシャルコスモバズーカもある。
アンドロビーム
額のアンドロスポットから放つ光線。熱線と磁力線に使い分けられる。アンドロ超戦士4人共通の技。
コスモクロス
手の甲に装備されている十字手裏剣。フロル以外の3人の共通の武器。
コスモオーラ
全身のコスモパネルから熱エネルギーを噴出、敵を一瞬で焼き尽くす。ザビデンを倒した。雑誌展開ではメロスやウルフの必殺技でもあった。

アンドロフロル 編集

アンドロ戦士の紅一点。コスモテクターの色は白。目の形は楕円形。

  • 身長:47メートル
  • 体重:4万3000トン
フロルスパーク
体から放つ閃光で敵を倒す。ギナを倒した。
アンドロビーム
額のアンドロスポットから放つ光線。熱線と磁力線に使い分けられる。アンドロ超戦士4人共通の技。
スーパーバリヤー
アンドロ族の王家の子孫であり、本来なら王女になる存在であるフロルだけが使える、強力なバリヤー。第27話でアンドロ超戦士達が敵に追い詰められた時、フロルの体に凄まじいエネルギーが流れて発動した。怪獣戦艦ギエロニアの光弾を跳ね返した。
フロルウィング
フロルの背中に装着されている、白鳥のような翼。特殊な力が秘められているらしい。ギナに捕らえられてグア星に連れて行かれた際、助けを求めるフロルのテレパシーをフロルウィングがアンドロ艇に届け、デルーマ星に着陸していたアンドロ艇を自動的に出航させて、乗っているメロス達をグア星に導いた。

エルパ 編集

類人猿惑星エープ星の住人。ウルフの親友。かつて友人をグア軍団の罠で失ったらしい。ウルフをかばってジュダに殺された。

  • 身長:50メートル
  • 体重:3万3000トン

登場怪獣 編集

グア軍団 編集

全宇宙の支配を企む悪の侵略異星人による混成軍団にして宇宙の悪魔。「グア帝国侵略軍団」とも呼ばれる。グア星を本拠地とし、帝王グアを頂点に、侵略軍団長の3兄弟が下記の戦力・構成員を使役してアンドロ超戦士達(漫画やグラビア版ではウルトラ兄弟ら宇宙警備隊とも)と死闘を繰り広げる。

ファイティング・ベム
グア軍団の侵略活動を行う一般構成員。人型で言葉を話すなど、怪獣というより怪人に近い。軍団長それぞれがタイプの異なる直属のファイティング・ベムを従えている。
改造怪獣
漫画版とグラビア版に登場。過去にウルトラ兄弟を苦しめた怪獣や宇宙人に強化改造を施したもの。以前よりパワーアップしており、体の一部にメカパーツが付いている。
怪獣戦艦
過去に現れた怪獣をベースにして作られた戦艦。

グア 編集

  • 身長:62メートル~無限大
  • 体重:4万6500トン~無限大

グア軍団を支配する帝王であり、全ての悪の元凶。アメーバの集合体で、通常攻撃や光線技で死ぬことはない。その正体はジュダ、ギナ、モルドの3幹部が合体した姿であるが、メロスは「元々は一つの存在でそれがジュダ、ギナ、モルドの姿に分かれていた」と推測している。

ジュダ 編集

  • 身長:60メートル
  • 体重:3万2000トン

グア軍団侵略軍団長の一人で、グア3兄弟の次男坊。アンドロ超戦士たちの宿敵。長剣バット・キャリバーを武器とし、怪獣軍団の指揮を執る。モルドやギナの弟と扱われているが、実際は軍団長中、戦陣ではアンドロ超戦士と最も多く死闘を繰り広げた実績を持つ。洒落を言うなど、お茶目さもある。

後の映画『ウルトラマン物語』にも敵として登場するが、設定が宇宙の帝王と扱われており、メロス版と異なりシリアスさも伴い同一人物の感はない。しかし、本作の漫画版の一つ『すすめタロウ』では、グランドキングを操るなど関係があるような描写も見られる。2006年の『ウルトラマンフェスティバル』のライブステージ(第1部)でも登場している。こちらも映画『ウルトラマン物語』の設定に踏襲されているが、バット・キャリバーを武器として使うなど本作の設定も意識されている。

ギナ 編集

  • 身長:57メートル
  • 体重:2万8000トン

グア軍団侵略軍団長の一人で、グア3兄弟の長女。ジュダから「姉上」と呼ばれる。電磁ムチの使い手。怒るとヒステリーを起こす。 最終兵器である「グランテクター」を探しに地球に向かったアンドロフロルを追い「グランテクター」横取りしようとしたが、アンドロフロルに逆襲に遭い仕留められてしまう。

モルド 編集

  • 身長:58メートル
  • 体重:3万3000トン

グア軍団侵略軍団長の一人で、グア3兄弟の長男。ジュダやギナから「兄上」と呼ばれる。戦斧の使い手。部下や弟と妹への思いやりは深いが、姉弟喧嘩を起こしかけた二人を一喝して鎮めるなど、長男としての威厳も併せ持つ(漫画版でもこの面が幾つか強調されている)。

グア兵 編集

  • 身長:53メートル
  • 体重:4万トン

グア軍団の最下級戦闘員。身軽な動きで戦う。武器は刃物や小型爆弾。掛け声は「グアー」。

マグマ星人三人衆 編集

マグマ星人の項目を参照のこと。

ファイティング・ベム ダクミラン 編集

  • 身長:56メートル
  • 体重:6万1千トン 

ジュダ配下の甲殻類に似たファイティングベム。ナッツ星βでマルスと戦った。意外と冷静でジュダに意見する事もある。両手の鍵爪や怪力でマルスを追い詰めるがコスモバズーカで倒された。

名前は脚本家の藤森匠に由来する。

ファイティング・ベム バゼリア 編集

  • 身長:59メートル
  • 体重:5万9千トン 

ギナ配下の植物型ファイティングベム。魔力でグルータス星の花をサタンビューティーに変えていた。ちょこまかとポーズをつける。両手の蔦や頭から発する目潰し攻撃でメロスやフロルを追い詰めるが弱点である頭をダブルサーベルで攻撃されて消滅した。

名前の由来は「パセリ」から。

ファイティング・ベム シズルン 編集

  • 身長:59メートル
  • 体重:4万1千トン

モルド配下のファイティングベム。「蟻地獄ファイティングベム」の別名を持つ。一人称は「僕」で、子供のような口調とは裏腹に残虐な性格。砂を使った攻撃が得意でデルーマ星でマルスを蟻地獄に落とし、メロスも追い詰めるがウルフの登場で形勢逆転。ダブルサーベルとスオードUの同時攻撃で倒された。

名前の由来は、脚本の打ち合わせが行われた飲み屋の女性、シズエから。

ファイティング・ベム ザビデン 編集

  • 身長:61メートル
  • 体重:3万9千トン

ジュダの新たなファイティングベム。両手の銀色の鉤爪が武器。メカバルタンとのコンビで行動する。「ザビデン~」とやたらと自分の名前を連呼する。一度はマルスオーラに倒されるがジュダの超能力で復活した。コスモバズーカにも耐えられるようになるが、フロルのバリアーにはね返された陽電子流撃砲を受けてメカバルタンやグア兵達共々絶命。遺体はアンドロ超戦士達によって丁重に葬られ、墓が作られた。

名前の由来は脚本家の福島征英から。

ファイティング・ベム メカバルタン 編集

バルタン星人の項目参照

ファイティング・ベム エドラス 編集

  • 身長:61メートル
  • 体重:5万9千トン

ジュダの新たなファイティングベム。エルパを捕えてニセエルパに変身し、ウルフを1人誘き出して倒そうとするが失敗する。投げると爆発するブーメラン・カッターでウルフとマルスを追い詰めるが、エルパを倒された怒りで逆転される。マルスに羽交い絞めにされたところをスオードUを受け、コスモバズーカで止めを刺される。

名前の由来は脚本家の江藤直行から。

怪獣戦艦 ギエロニア 編集

  • 全長:1313メートル
  • 重量:820万トン

ギエロン星獣をベースにした怪獣戦艦。ギナが座乗する。口にブラックホール砲を内蔵する。 メカ怪獣としてはウルトラシリーズ中最大の全長である。ただし劇中のは原作でいう改修機である。

怪獣戦艦 ベムズン 編集

  • 全長:990メートル
  • 重量:1130万トン

ベムスターをベースにした怪獣戦艦。ジュダが座乗する。腹部から陽電子流撃砲を撃つ。ただし、劇中のは原作でいう強化改良された二番艦である。

怪獣戦艦 キングジョーグ 編集

  • 全長:960メートル
  • 重量:1480万トン

キングジョーをベースにした怪獣戦艦。モルドが座乗する。手の甲から陽電子流撃砲を撃つ。

バキューモンベリュドラなどの無限、測定不能といったものを除くと、『ウルトラマンダイナ』のグランスフィアに次ぐ重量である。

特撮版 編集

スタッフ 編集

主題歌 編集

キャスト 編集

放映リスト 編集

話数と登場怪獣を以下に記す。前述のとおり、各話にタイトルは付いていない。期間中、月曜から金曜まで休止なしで放送された。

  • 弟1話:マグマ星人三人衆(1983年2月28日放映)
  • 第2話:マグマ星人三人衆、ダクミラン(1983年3月1日放映)
  • 第3話:マグマ星人三人衆、ダクミラン(1983年3月2日放映)
  • 第4話:マグマ星人三人衆、ダクミラン(1983年3月3日放映)
  • 第5話:マグマ星人三人衆、ダクミラン(1983年3月4日放映)
  • 第6話:マグマ星人三人衆、ダクミラン(1983年3月7日放映)
  • 第7話:マグマ星人三人衆、ダクミラン(1983年3月8日放映)
  • 第8話:ダクミラン(1983年3月9日放映)
  • 第9話:バゼリア(1983年3月10日放映)
  • 第10話:バゼリア(1983年3月11日放映)
  • 第11話:バゼリア(1983年3月14日放映)
  • 第12話:バゼリア(1983年3月15日放映)
  • 第13話:バゼリア(1983年3月16日放映)
  • 第14話:バゼリア(1983年3月17日放映)
  • 第15話:シズルン(1983年3月18日放映)
  • 第16話:シズルン(1983年3月21日放映)
  • 第17話:シズルン(1983年3月22日放映)
  • 第18話:シズルン(1983年3月23日放映)
  • 第19話:シズルン(1983年3月24日放映)
  • 第20話:なし(1983年3月25日放映)
  • 第21話:なし(1983年3月28日放映)
  • 第22話:ギエロニア、ベムズン、キングジョーグ(1983年3月29日放映)
  • 第23話:ギエロニア、ベムズン、キングジョーグ(1983年3月30日放映)
  • 第24話:ギエロニア、ベムズン、キングジョーグ(1983年3月31日放映)
  • 第25話:ギエロニア、ベムズン、キングジョーグ、ザビデン(1983年4月1日放映)
  • 第26話:ギエロニア、ベムズン、キングジョーグ、ザビデン、メカバルタン(1983年4月4日放映)
  • 第27話:ギエロニア、ベムズン、キングジョーグ、ザビデン(1983年4月5日放映)
  • 第28話:ギエロニア、ベムズン、キングジョーグ(1983年4月6日放映)
  • 第29話:ギエロニア、ベムズン、キングジョーグ(1983年4月7日放映)
  • 第30話:エルパ(1983年4月8日放映)
  • 第31話:エルパ(1983年4月11日放映)
  • 第32話:エルパ(1983年4月12日放映)
  • 第33話:エルパ(1983年4月13日放映)
  • 第34話:エルパ(1983年4月14日放映)
  • 第35話:エルパ(1983年4月15日放映)
  • 第36話:エルパ(1983年4月18日放映)
  • 第37話:エルパ、エドラス(1983年4月19日放映)
  • 第38話:エルパ、エドラス(1983年4月20日放映)
  • 第39話:エルパ、エドラス(1983年4月21日放映)
  • 第40話:ギエロニア、ベムズン、キングジョーグ(1983年4月22日放映)
  • 第41話:ギエロニア、ベムズン、キングジョーグ(1983年4月25日放映)
  • 第42話:ギエロニア、ベムズン(1983年4月26日放映)
  • 第43話:なし(1983年4月27日放映)
  • 第44話:グア(1983年4月28日放映)
  • 第45話:グア(1983年4月29日放映)

ウルトラマンボーイのウルころ 編集

テレビ東京系で放映された番組『ウルトラマンボーイのウルころ』でもTV版『アンドロメロス』が紹介されている。以下の回でアンドロ戦士、敵キャラ、必殺技の紹介をウルトラマンボーイが詳しく解説した。

  • 第95回「アンドロ警備隊出動! の巻」(2004年2月13日)
  • 第100回「グア帝国侵略軍団あらわる! の巻」(2004年2月20日)
  • 第105回「アンドロ警備隊の得意技の巻」(2004年2月27日)

関連項目 編集

Pigmon この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
Smallwikipedialogo このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はアンドロメロスにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。